Google、Yahoo!、Bingのどの検索エンジンも検索するときにキーワードの入力補助機能を備えています。

Googleオートコンプリート機能

Googleの場合、以前はGoogleサジェストと呼んでいたのですが今は「オートコンプリート」に変わっているようですね。

オートコンプリート機能をキーワードリサーチに使っているサイト管理者もいるはずです。
応用技があって、“核”となるキーワードの後に「あ~わ」の五十音や「a~z」のアルファベットを1文字付け足すと、その文字から始まる複合キーワードを調べることができます(以前にWeb担の連載コーナーでピックアップしました)。

オートコンプリート機能でキーワードリサーチ

ただ、五十音やアルファベットを1つ1つ試していくのは手間がかかります。
しかもオートコンプリートで出てきたキーワードはコピーすることができません。
画面を切り替えると消えてしまうので、スクリーンショットを撮るなりしていったん保存し書き取らなければなりません。

そんな悩みを解決するキーワードツールを紹介します。
Übersuggestというツールです。

使い方はいたって簡単です。

  1. 核となるキーワードを入力する
  2. Languageに「日本語」を選択する
  3. “expand”にチェックを入れる
  4. テキストファイルに吐き出す場合は「txt」にチェックを入れる

メインとなるキーワードだけのオートコンプリートの結果と、五十音とアルファベットを1文字付けた足したときの複合キーワードが列挙されます。

Übersuggestで調べた「敬老の日」の複合キーワード

Googleのオートコンプリートは、「他のユーザーの検索内容に基づいて検索キーワードを予測し、表示」し、「データセットは頻繁に更新されるため、現在注目されている新しい検索キーワードが表示され」るとのことです。

検索数こそ出ないものの実際にユーザーが検索する最新のキーワードです(検索数を知りたければ他のツールと併用すればいいですね)。

Übersuggestは、あなたのキーワードリサーチにおおいに貢献するツールになるでしょう。

ぜひ利用してみてください。

【P.S.】
記事タイトルに「特注」とあるのは、僕が頼んで作ってもらったからです。

このツールの存在を最初に知ったときには、日本語に対応していませんでした。

作者にメールを送って「日本語対応してほしい」と頼んだら、30分後に「対応したよ」と返信がきました。
ただ、彼は日本語を知らないのでどんな文字を付け足したらいいか分からないとのことでした。
そこで五十音を教えてあげると、五十音も付け足してリサーチする機能を追加してくれたのです。

感動しました。

作者のAlexに大感謝です。

そこで読者のみなさんにお願いがあります。

何の見返りもないのに快く要望に応えてくれたAlexにお礼をしたいと思います。
このツールが気に入ったらあなたのブログやツイートで広めてください。
また、はてブユーザーであればブックマークしてください。
※広めてほしいのは、僕のこの記事じゃなくてツールです。

ツール開発者は、自分の作品をいろんな人に使ってもらうをいちばんの喜びに感じるだろうと思うからです。

よろしくお願いしいます。m(__)m

【P.P.S.】
オートコンプリート機能はGoogle.comではGoogleインスタント検索に統合されています。
日本でもGoogleインスタントの導入に合わせて統合されるでしょう。
依然としてこのツールは使い続けられるのでご安心を。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 絶対に使いたい「イタリア製特注キーワードツール(日本語対応)」

Comments

  1. By on

    これは便利です!
    次回のHP更新時には活かしたいなと。

    でも、イタリア製なのに”ウーヴァ”ってなんででしょう?日本人が何にでも英語でタイトルつけるのと同じようなものなんでしょうか・・・

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    “Über”といのは”About”の意味のようです。
    英語にすると”AboutSuggest”ですかね。
    イマイチ意味が分かりませんが(笑)

  2. By on

    とても良いサービスですね。
    ご紹介いただき、ありがとうございます。
    微力ながら私のブログでも紹介させていただきますね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ブログでの紹介ありがとうございます。
    どんどん広めてください。

▲ページの一番上に戻る