モバイルファーストインデックス対応できているかどうかを調査する2つのツール

[レベル: 中級]

すべてのサイトにモバイル ファースト インデックスを 2020 年 9 月から適用することを Google は先日アナウンスしました。

モバイル ファースト インデックス(以下、MFI)の準備が整っていないサイトは対応を進めていると思います。
あるいは、準備万端のはずなのに MFI にまだ移行されておらず不安に感じているサイト管理者もいるかもしれません。

この記事では、MFI 移行の準備ができているかどうかを調べるのに役立つツールを 2 つ紹介します。

MFI チェックツール その 1

1 つ目のツールは ZEO が提供する “Mobile First Index Checker” です。

使い方は簡単です。
検証したいサイトの PC 版の URL を入力して実行するだけです。
MFI 移行に求められる項目をチェックしてくれます。

別々の URL でモバイル向けページを配信しているこのサイトは 2 つの問題点が指摘されました。

詳細も説明してくれます。
OGP が、PC 版ページにはあってスマホ版ページにはないようです。

MFI チェックツール その 2

2 つ目のツールは Merkle が提供する “Mobile-First Index Tool” です。

こちらのツールも使い方は簡単です。
PC 版ページの URL を入力します。
URL ボックスの後に続く User-Agents ボックスからは Googlebot を選択します。

PC 向けページとモバイルページを比較し、問題になりそうな項目があれば指摘してくれます。

動的配信でモバイル向けサイトを提供している Amazon は(さすがに)問題ないようです。

PC ページとモバイルページの、title タグや内部リンク数、画像数などの項目の比較結果です。

使う際の注意点として、どちらもサードパーティ製のツールです。
ツールが問題点を検出したからと言って、必ずしも本当に問題になっているとは限りません。
逆のことも言えて、ツールでは問題が検出されなかったからといって、Google から見た MFI 対応が完全ということでもありません。

この記事で紹介した 2 つのツールで結果が異なることもあります。
片方は問題ありで片方は問題なしのサイトもあります。

MFI 移行の準備が整っているかどうかを調査する手がかりとして使ってください。

インターフェイスは英語です。
英語が得意でないかたは、Google 翻訳も活用しながら利用してください。

B!

Ads

最近の投稿

  • カテゴリー