Google Analytics Blogで、Googleが無料で提供する種々のキーワードツールを活用した、キーワードリサーチ方法が公開されています。

Google AdWordsの広告出向者向けなのですが、普通のオーガニック検索でのキーワード調査にも応用できる部分があるので、紹介します。

1. Google Analytics

まずは、Google Analyticsでもっとも高いパフォーマンスを示しているキーワードを調べます。

「パフォーマンスが高い」とは「アクセス数が多い」という意味ではなく、「コンバージョン率(成約率)が高い」という意味になります。

調べる方法は、英語の分かる方は、次のショートビデオを観てください。

Google Analyticsで、「トラフィック」⇒「キーワード」とたどり、キーワード分析の画面に移動します。

ここで「コンバージョン」タブを選択します。

Google Analyticsコンバージョンタブ

次に右側にある「比較」ボタンをクリックして表示形式を変更します。

Google Analytics比較表示

するとキーワードごとのコンバージョン率を相対的に比較することができます。

Google Analyticsコンバージョン比較

上から順にアクセス数の多いキーワードが並んでいますが、丸で囲ったコンバージョン率の高いキーワードを選びます。

アクセスを呼び込んでも、結果に結びつかなければ意味がないからです。

これらのパフォーマンスが高いキーワードを、より深く掘り下げてリサーチします。

【補足】
コンバージョン調査は、Google Analyticsでゴール設定をしていないと知ることができません。
AdWordsでは広告費用に対する利益、いわゆる投資対効果(ROI)を計るために、コンバージョン率の把握が必須です。
しかし一般のサイトでは、コンバージョンを測定していない場合も多いはずです。
その時は、純粋にアクセス数が多いキーワードや、滞在時間の長いキーワードをこの後のステップで利用してください。

2.Search-based Keyword Tool

ベータ版で提供されているSearch-based Keyword Toolを使い、1で抽出したキーワードとサイトに関連したキーワードをリサーチします。


Search-based Keyword Toolで関連キーワード調査

【補足】
AdWordsに登録しているサイトを指定した場合は、まだ入札していない(=気付いていない)キーワードだけが表示されます。

3.Google Insights for Search

Google Insights for Searchで、キーワードの検索ボリュームのトレンド、地域性、さらに関連するキーワードのボリュームを調べます。

Google Insights for Searchでキーワード分析

【補足】
AdWordsでは、キーワードの時期的・季節的な検索需要の傾向や、今伸びているキーワードを知ることで、特定のキーワードやキャンペーンにより多くの予算を当てられます。
また、広告を表示する地域を絞ることで、より効果的な広告が打てます。
「静岡でも花畑生キャラメルが買える!」みたいな。(笑)
どうでもいいことですが、「生キャラメル」は地元の北海道の人の方が検索しているみたいですね。

Google Analyticsで抽出したキーワードを、ダイレクトにGoogle Insights for Searchに打ち込んで、リサーチしてももちろんOKです。

キーワードを調べるのにツールに頼りすぎるのも危険ですが、Googleは無料で優れたツールを提供してくれているので、上手に活用しましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google直伝キーワードアドバイスツールの使い方

▲ページの一番上に戻る