AMP (Accelerated Mobile Pages)

AMP記事ロゴの構造化データで指定する画像は画像検索がサポートするフォーマット、SVGとWebPも利用可能

AMP 記事の構造化データで指定するロゴ画像は、Google 検索がサポートするフォーマットであればどれでも使うことができる。SVG や WebP も使える。

組織ロゴの構造化データとAMP記事ロゴの構造化データのガイドラインは異なる、AMPのロゴにSVG画像は使えない

組織のロゴ向け構造化データのガイドラインと AMP 記事で指定するロゴの構造化データのガイドラインは異なる。たとえば、SVG と WebP を、組織のロゴの構造化データは サポートしますが AMP 記事のロゴの構造化データはサポートしない。

リッチリザルト テストがAMP記事の検証をサポート、Article構造化データに必要なプロパティが減る

リッチリザルト テスト ツールが AMP 記事の検証をサポートするようになった。また、Article 構造化データに必要なプロパティが変更になった。

Google、新型コロナ関連ニュース記事のモバイル検索を改良――ローカルニュース専用カルーセルの導入・AMP対応を不要に

コロナ関連のニュースコンテンツの検索結果に関して 2 つの改良を Google は加えた――ローカルニュース専用のカルーセルを導入、トップニュース掲載に AMP を不要に

AMPのCSSサイズ上限が50000バイトから75000バイトへ50%増量⬆

AMP で利用できる CSS のサイズ上限が 50,000 バイト (約 50KB) から 75,000 バイト (約 75KB) に増加した。AMP では、CSS サイズが上限値を超えるとエラーになる。

AMPページと正規ページのどちらに構造化データをマークアップすべきか? ⇒ 両方で同じ構造化データが必要

AMP ページを公開する場合、正規ページと AMP ページの両方で同じ構造化データのマークアップを使用する必要がある。

任意のJavaScriptをAMPで動かせる!amp-scriptが一般公開される

試験的に公開されていた <amp-script> が一般公開された。AMP では原則的に、AMP で定義された以外の JavaScript を動かすことが許されていない。しかし、<amp-script> を利用すれば任意の JavaScript を AMP ドキュメントで実行することが可能になる。

Google画像検索のSwipe to Visitからのトラフィックを検索パフォーマンスでフィルタ可能に

画像検索の Swipe to Visit 機能からの検索トラフィックを Search Console の検索パフォーマンスでフィルタできるようになった。Swipe to Visit は約 1 か月前にモバイルの画像検索に導入された新しい機能。

画像検索でAMPページを高速表示させるスワイプナビゲーションをGoogleが導入

モバイルの画像検索結果からスワイプアップし、その画像が掲載されているページをすばやく表示するナビゲーション機能を Google は導入した。AMP ページに適用される。

#AMPConf 2019で発表された検索関連の最新AMPニュース――amp-scriptやSXG、AMPストーリーなど

東京の六本木で 4 月 17 〜 18 日に開催されている AMP Conf 2019 の 1 日目のキーノートスピーチから検索に関係する部分をピックアップする――amp-script コンポーネントや、SXG サポート、AMP ストーリーなど