SEOの効果を維持しつつh1タグの見栄えをよくするために使われる手法は、CSSによる画像置き換えです。

画像置き換えは、h1タグのテキスト記述と画像が表す内容が完全に同一であるなら問題はないと考えられます。

しかしユーザーと検索エンジンに別々のものを見せていることに変わりはなく、ユーザーが自分の意志でどちらを表示するかを選択することもできません。
クローキング」と言えないこともありません。

GoogleのMaile Ohye(マイリー・オーイェ)さんは、画像置き換えは使うべきでない手法だとハッキリと説明います。
これは個人ブログで書いた記事ですが、Googleの社員としてスピーカを務めたSMX Advancedでも同様のことをコメントしていました。

置き換えが即座にペナルティ扱いに繋がるわけではないものの、“text-indent: -9999px”などは隠しテキストとしてSEOスパムに使われる手法なので要注意としてフラグが立てられることがあるとのことです。

ペナルティは小さな違反の積み重ねで発動されることも多いので、ぎりぎりのSEOを施策していたら画像置き換えが1つの引き金になって最終的にペナルティを受けてしまう可能性も考えられます。

画像置き換えをあきらめて見栄えをとるとしたら、画像をそのままh1タグにする代替案があります。
そしてキーワード効果はalt属性に任せます。
でも、alt属性はアンカーテキストの代わりになるとは言っても、テキストか画像かと問われたら検索エンジンにとってはテキストの方が絶対的に読みやすいはずです。

SEO的な効果がh1タグにどのくらいあるかはひとまず脇に置いて、検索エンジンに意味構造を伝えるためにもh1タグがページに存在する意義は十分にあります。

ユーザーに対する見栄えと検索エンジンに対する理解のしやすさの両方を兼ね備えたh1タグを実現する方法はないものでしょうか?

あります。

それは、”sIFR(Scalable Inman Flash Replacement)”を使う方法です(読み方はたぶん“サイファー”でよさそう/[追記]:定められているわけではなくて「シフール」とも呼ぶそうです)。

sIFRは、正式名称に含まれていることからも分かるようにFlashを用いた技術で、「テキスト要素をFlashオブジェクトに置き換えることができます」。
※「」内はGoogleヘルプからの引用

GoogleはFlashを読んでインデックスできるようになってきていますが、まだまだ発展途上です。

そこでGoogleはFlashをインデックスさせるために、sIFRの利用を推奨しています。

また、sIFR(Scalable Inman Flash Replacement)の使用もおすすめします。オープン ソース プロジェクトの sIFR では、テキスト要素を Flash オブジェクトに置き換えることができます。この技術を使用すると、コンテンツやナビゲーションは埋め込み Flash オブジェクトによって表示されますが、コンテンツが HTML ソースに含まれているため、Flash を使用しないユーザーや検索エンジンでも読むことができます。

sIFRの詳しい説明はここでは省かせてもらうとして、sIFRを利用してGoogleへのインデックスされやすさとユーザーへの見栄えを両立したh1タグを実現することができます。

sIFRでh1タグを作るのです。

これがsIFRを使ったh1タグ(とh2~h4タグ)のサンプルです。

ソースコードを見てもらえば分かるように、画像タグは存在しません。
グラフィカルなテキストは、通常のテキストと同じようにマウスで選択してコピーできます。

Googleにもきちんとインデックスされています。

インデックスされたsIFRで作ったコンテンツ

WebmasterWorldのフォーラム管理者tedsterも、sIFR(とSWFObject)をインデックス可能な見栄えのよいテキストを実現する方法として推めています。

Both sIFR and SWFObject are ways to replace indexable text with elegant Flash and have been recommended by Google. Both have been around for years and are widely used by major sites such as ABC, and that usage is growing. SWFObject is even available through Google Code.

Not hacks, IMO, but robust and dynamic solutions to the web’s limited typographic options.

ということで、ユーザーに対する見た目にも検索エンジンに対するインデックスしやすさにも考慮したh1タグには(もちろん他のテキストコンテンツにも)、Googleが推奨しない画像置き換えを使うよりもGoogleが推奨するsIFRを利用するのがよさそうです。

ただし、sIFRに問題がないわけではありません

日本語の場合フォントの問題でFlashのファイルサイズが大きくなり重くなることがあるらしいし(hタグだけに限定すれば必要なフォントを絞れるので回避可能?)、デザインに凝り過ぎて自分の美的センスだけを主張するウェブデザイナーが現れるかもしれません(sIFRに限ったことではないですが)。

そして最大の問題は、「誰でも簡単には作れない」ということです。

作れなくはないのですが、少なくともFlashとJavascriptを知っていないと作れません。
正直に言えば今の僕には無理です。(笑)
Flashを生成するツールも必要です。

今回のsIFRによるhタグのサンプルページは、友人の田原さんに作ってもらったものです。

先程も言ったように、僕はFlashとJavascriptを操ることはできません(Javascriptは多少分かりますが)。
したがって自分ではsIFRでコンテンツを作れません。

sIFRでhタグを表示させたいと望んでも僕と同じような問題に突き当たるサイト管理者も多いはずです。

そこでそんな悩みを解決するサービスを田原さんが提供してくれました。
その名も「sIFR作成代行サービス」です。
ってそのまま。(笑)

SEO効果を落とすことなく地味なh1タグをグラフィカルなh1タグに変えるのに必要なパーツを、あなたの代わりに作ってくれます。
もちろん、h1タグだけではなく視覚要素とSEO要素を兼ね備えたいテキストコンテンツならほとんど対応可能です。

通常8,400円(税込)のところを、僕のブログ読者だけを対象に4,980円(税込)にディスカウントしてもらえることになりました。

割引価格での申し込みは、期間限定で今日から1週間、10月11日(火)までです。

備考欄に「海外SEO情報ブログの鈴木謙一からの紹介」と書いてください。
割引価格での支払いのご案内が届きます。

なおアフィリエイトではないので、ここからオーダーが出ても僕にコミッションが入るわけではありません(ご飯くらいはご馳走してもらえるかもしれませんがw)。
大切なブログ読者のあなたにはお金目当てで怪しいものは紹介しないので安心して申し込んでください(サンプルページも不具合があって、数回修正してもらいました)。

sIFRによるSEO効果を落とさないグラフィカルなコンテンツ作成代行」の詳細とお申込みはこちらからどうぞ。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 画像置き換えはもう古い、“sIFR”を使ったSEOに強いグラフィカルなh1タグ

Comments

  1. By on

    鈴木様
    先日は為になるお話をたくさん聞けて、とても勉強になりました。
    ありがとうございました。

    本日のブログ記事。私にとってはとてもタイムリーな話題で、早速申し込みをしようと思ったところ、申し込みのページが私のPCで正常に表示されませんでした。
    問い合わせのページも同様。

    こんなことをお願いしてよいのかわかりませんが、お手すきの時にこちらの製作者の方とどうやって連絡を取れば良いのか教えていただけますでしょうか?

    こんなコメントですみません。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    大変失礼しました。

    info○4-two.com が問い合わせ先のメールアドレスになります。
    田原さんには連絡済みです。

  2. By on

    text-indent: -9999pxを使っているサイトはまだまだ多いですよね。
    鈴木さんもご指摘されていますが、即ペナルティにはなりませんが、
    フラグ立てられる可能性は大ですからね。わたしも推奨はしておりません。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    今まで問題なく運用できていたサイトはそのままでいいと思いますが、新規では使わないようにと僕も言うようにしています。
    これも自己責任の施策になりますね。

▲ページの一番上に戻る