・メルマガ #51(2007/03/25発行)のバックナンバー

今日は初心に返って、SEOの基本を確認してみましょう。

「知ってて当たり前」のSEOばかりですが、おざなりになってるノウハウもあるかもしれないので、お付き合いくださいな。

英語で「On Page Optimization」、日本語で「内的要因」呼ばれる、基本中の基本のSEOを解説します。

「On Page Optimization(内的要因)」とは、ウェブページそのもの、つまりHTMLファイルに手を加えるSEOの手法ですね。

対応するのが、「Off Page Optimization」、日本語で「外的要因」と呼ばれるSEO手法です。

一言で言うと「“バックリンク”をいかに集めるか」ですね。

「Off Page Optimization」については、また回を改めて確認しましょう。

では、「On Page Optimization」について、ポイントをかいつまんで説明します。

●titleタグ

「title」タグは、いちばん重要な「On Page Optimization」と言ってもいいかもしれません。

「title」タグをいじるだけで、順位が上がるってケースがあるほどです。

「title」タグには、必ず狙ったキーワードを含めましょう。

もっとも大切なキーワードは、なるべく先頭近くに配置。

ただし、いちばん初めじゃないほうがいいと、USの複数のSEOエキスパートが言ってますね。

「審査の甘いクレジットカード」よりも、「解説! 審査の甘いクレジットカード」がいいということです。

これは、あなたが検証してみてくださいね。w

「title」タグにキーワードを詰め込むのは逆効果です。
短くコンパクトにまとめましょう。

繰り返しても、2回が適当じゃないかな。

一緒に使われるキーワードを重ねるのも、有効なテクニックです。

タイトルを、「審査の甘いクレジットカード比較ランキング」とすれば、

1.「審査の甘いクレジットカード比較ランキング」、
2.「審査の甘いクレジットカード比較」、
3.「審査の甘いクレジットカード」、
4.「クレジットカード比較ランキング」、
5.「クレジットカード比較」、

と5つのキーワードに対応できますよね。

これらの5つを別々に含めたら、かなり長いタイトルになって、キーワードの詰め込みすぎ、ともすればペナルティを食らうかもしれません。

●metaタグ

「metaタグ」は、たいした効果がなくなってますね。

でも、「meta description」タグは、サーチエンジンではなく人間に対するSEOに、効果があります。

「meta description」タグのコンテンツは、検索結果ページ(SERPs)に表示されるウェブページの簡単な説明に使われます。

だから、思わずクリックしたくなるような文章を書けば、自分より上位表示のサイトよりも、ユーザーをひきつけることができます。

「meta keywords」タグは、それこそ効果なしというのが定説になってますね。

ま、時間をかけずに簡単に設定するくらいでいいでしょう。

メインキーワードを含めるのはもちろん、スペルミスや類義語を加えてみてもいいですね。

「クレジッ“ド”カード」とか「キャッシュカード」とか。

キーワードは、「,(コンマ)」で区切りましょう。

●Hタグ

ヘッダータグの「h1」タグも、「title」タグと同様に重要なOn Page Optimizationですね。

「h1」にもキーワードを含めましょう。

でも、「title」タグとまったく同じだとナチュラルじゃないとして、サーチエンジンににらまれる可能性もあるので、似たような言い回しに変えたほうがいいですね。

h1タグは、1ページにひとつだけです。

「h2」タグや「h3」タグも、各段落の見出しとして使いましょう。

でもこちらは、どちらかというとビジターが記事を読みやすくする効果ですね。

サーチエンジンばかりではなく、訪問者のためのSEOも考慮してください。

●リストタグと強調タグ

リスト化の「ul」タグと、強調の「strong」タグも使いましょう。

こちらもどちらかというとビジターのためのSEOに近いですね。
読みやすくなります。

On Page Optimizationで大切なのは、titleタグ、metaタグ、hタグ・・・

とするよりも、

On Page Optimizationで大切なのは、以下です。

○titleタグ
○metaタグ
○hタグ
○・・・

のほうが、頭に入りやすいですよね。

「“ビジターのため”=“サーチエンジンが好む”」、これが「White Hat SEO」の基本です。

だから、文章も検索エンジン対策ばかりに気を取られずに、人間のユーザーを相手にした書き方にするのが長い目で見て、効果的なライティングと言えます。

On Page Optimizationには他にも

○サイト内のページの階層構造
○ページレイアウト
○ナビゲーション
○サイト内リンク
○サイトマップ

などありますが、今日は基本中の基本をお話しました。

あなたも自分のサイトを、もう一度確認してみてくださいね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › SEOの基本

▲ページの一番上に戻る