[対象: 中〜上級]

パンダ・アップデート日本語版更新 JP2
日本版のGoogleウェブマスター向け公式ブログが、日本独自のアルゴリズム更新を実施したことをアナウンスしました。

アルゴリズム更新の内容

今回は、特に日本語での検索向けに、良質なサイトの検索順位を改善するアルゴリズム変更を実施しましたのでお知らせします。

中でも日本のユーザーの方から寄せられるご意見の中には、独自のコンテンツを持つサイトが、ほかのサイトからのコピーで構成されるサイトに埋もれてしまい、見つけづらいというご意見が多数ありました。この問題に対処するために、今回のアルゴリズムのアップデートでは、独自コンテンツを持つサイトをより積極的に表示するよう変更を実施しました。この変更は、日本語検索結果の約 5% に影響する見込みです。

コピーしたコンテンツで成り立つサイト、いわゆるスクレイピングサイトの評価を下げ、反対にオリジナルのコンテンツを持つサイトの評価を上げることが狙いです。

当たり前と言えば当たり前のことなのですが、これまでは十分に実現できていなかったということですね。

ひょっとすると(質の低い)まとめサイトもターゲットにしているのかなとも、これを書いているときに思いました。

パンダ・アップデート日本語版?

“質”に言及している点、スクレイピング対策に言及している点で、パンダ・アップデート関連なのではないかと強く疑われます。

2011年6月下旬に実行された本流のパンダ・アップデート2.2はスクレイピング対策を更新の主な目的にしていました。

今回のパンダ・アップデート2.2は、スクレイピングサイト対応が主目的です。

コンテンツをコピーしたスクレイピングサイトがオリジナルのサイトよりも検索結果で上位に表示されてしまう問題が、パンダ・アップデート1.0以降発生していました。

日本独自のアルゴリズム更新もほぼ同じ状況です。

今年7月に日本語に導入されたパンダ・アップデートの更新版ととらえたくなります。

勝手に名前を付けるとしたら、初代を「パンダ・アップデートJP1」、今回を「パンダ・アップデートJP2」にすると分かりやすいでしょうか(初代は韓国語も対象でしたが)。

検索結果への影響

さてパンダ・アップデートJP2が与える影響です。

「日本語検索結果の約 5% に影響する見込み」と公式アナウンスは言っています。

11.8%に影響した、史上稀に見る大変動を起こした初代パンダ・アップデートは例外として、その後のパンダ・アップデートはアルゴリズムに調整が入ったときでも2%を超えていません。
データのリフレッシュだけのときは1%以下です。

ペンギン・アップデートは英語では3.1%で、日本語については言及がありませんが3〜5%の間に収まっているだろうと推測します。

これから考えると、5%というのは比較的大きな変動幅のはずです。

しかし昨日の夕方時点で僕の手元に入っている情報では目立った動きは観察されていません。
一般の商用サイトやメディアサイト、アフィリエイトサイトが主です。

まだ展開途中の可能性もあるので数日は様子を見るべきかもしれません。

普段にない検索結果の変化に気付いたたらぜひコメントやGoogle+Twitterで教えてください。

今回の更新がパンダ・アップデートJP2でなかったとしても、質の高いオリジナルコンテンツがますます重要になってくるのは間違いのないことですよね。

「コンテンツSEO」をバカにしているSEOコンサルタントもいるようですが僕は決してそうは思いません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、日本語独自のアルゴリズム更新を実行。パンダ・アップデートJP2か?

Comments

  1. By リバティ on

    鈴木謙一さん

    はじめまして。リバティと申します。
    貴重な記事を記載して頂き、ありがとうございます。

    今回、私の運営しているサイトの中の2つが、急激にアクセス数を落としておりますので、ご報告させて頂きます。多分パンダの仕業かと思われます。

    何れも同一ドメイン内の、サブドメインで、古い方は、50%程度、新しい方は、20%程度まで激減しました。

    激減したのは、10月29日の13時から14時頃です。
    これ以降は、減少したままのアクセス数で推移しております。

    サイトについては、これまで、コンテンツに力を入れ、被リンク対策等は、特に何もしていません。アクセス数のほぼ全てが、検索エンジンからのアクセスです。

    鈴木さんの記事と、これまでのパンダの情報から推測すると、古い方のサイトは、多分、広告やアフィリが過剰だったのではないかと分析しております。

    新しい方のサイトは、アドセンス広告3つのみです。なので、何が原因なのか、現在模索中です。

    取り急ぎ、古い方のサイトは、広告やアフィリを少なくしました。

    さらに分析すると、古い方のサイトでは、これまで1位だったキーワード複数を確認した所、今も1位であることが判り、どちらかと云うと、ロングテール部分が落とされた印象があります。

    新しいサイトの方は、これまで1位であったキーワード複数を含め、軒並み落ちています。

    以上、取り急ぎ、現時点で判明している事象を、ご報告させて頂きます。

    これ以外に何か情報が必要であれば、メール頂ければ可能な限りご提供させて頂きます。

    また、可能であれば、鈴木さんの見解を、お教え頂ければ助かります。

    今後とも、参考になる記事を、掲載して頂ければ幸いです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    こんにちは。
    アクセスが激減してしまったのですね。

    タイミングと順位が下がったサイトの特徴からすると、この記事のアルゴリズム更新とは直接関係しないように思えます。

    具体的なサイトを見ていないのでアドバイスらしきものはできませんが、自分で気になるところを1つ1つ丁寧に修正していくしかないですね。
    コンテンツは作り込んでいるようなのでくじけずに頑張ってください。

    リバティ

  2. By リバティ on

    早速見解をご回答いただき、ありがとうございます。

    私の早合点だった様です。てっきりパンダ・アップデートかと思ったのですが、
    時期的に、少々ズレているのは確かです。

    さらに調査した結果、どうも、キーワードの重複が影響している様な気がしております。
    つまり、アルゴリズムからスパム判定を受けて、ペナルティが課されてしまったということだと思われます。

    そのため、現在、キーワードの出現頻度を低下させるべく、対策を練って対応中です。

    ページ数が数百ページありますので、これからコツコツと改良して行くつもりです。

    貴重なアドバイス、ありがとうございます。

    今後のご活躍を、お祈り申し上げます。

    リバティ

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    私の早合点だった様です。

    大丈夫ですよ、気になさらないでください。:)

    大変かとは思いますが、愛着のあるサイトのようですから丹念に修正してください。
    よい結果が出ることを祈っています。

▲ページの一番上に戻る