SEOmozのrandfish氏が、フッターに設置するリンクの最適化について非常に参考になるテクニックをブログにアップしているので、紹介します。

まず、そもそもrandfish氏はフッターのリンクを以下の理由から推奨していません。

  • フッターリンクはサーチエンジンからの評価を自動的に下げられる
    Yahoo!のエンジニアの話やYahoo!が取得した特許から、そのように解釈できます。また、Googleでは多すぎるフッターリンクが原因でペナルティを受けたと考えられるという事例もあります。
  • フッターリンクは、あるページに向けられた最初のリンクでない場合が多い
    1つのページに、同じページに向けられたリンクが複数あるときは、最初のリンクだけが評価対象になります。
  • フッターリンクはCTRが低い
    ページの最下部にあるので目立ちません。当然、クリック率は下がります。MicrosoftはBrowseRankという、クリック数や移動ページでの滞在時間も考慮するアルゴリズムに関する論文を発表しています。
  • フッターリンクは時間がかかる
    ユーザーとサーチエンジンの両方に役立つような構成で作成するのには、時間がかかります。

以上のような理由から、フッターリンクの利用は勧められません。

しかし、randfish氏はフッターリンクの使用を絶対的に否定しているわけでもありません。

いくつか具体例を挙げて、フッターリンクを使う場合の指針を説明しています(具体例のサイトは、元の記事にキャプチャが載っています。”Thumbs Up”が良い例、”Thumbs Down”が悪い例です)。

  • アンカーテキストにキーワードを詰め込まない
  • 関連があって、ユーザーの利便性を高めるようにする
  • 適切に構成する、たくさんリンクを設置すればいいということではない
  • サイト内のクロスリンクはいいが、自然にする(目視チェックされたとしても、SEO目的ではないと判断されるように)
  • nofollowを使う。利用規約ページやプライバシーポリシーページのように上位表示させる必要のないページへのリンクにはPageRankを渡さないようにnofollow属性を付ける。
  • サイト評価者に作為的だとみなされないように、ユーザーにとって見やすく上手に機能するようにする

簡潔にまとめると、フッターリンクはユーザーのために見やすく、かつ使いやすく設置するもので、サーチエンジンを対象にして、キーワードをごちゃごちゃと詰め込んだ使い方はするべきでないということです。

ユーザービリティを考慮しないフッターリンクは、貼るだけムダとも言えそうですね。
以前にも同じ趣旨の記事を書いているので、そちらもご覧ください。
『フッターのリンクってSEO的にどうなの?』

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › フッターリンクの上手な使い方

Comments

  1. By Shinちゃん on

    こんにちわ(><)

    僕は、SEOの本を5冊ほど持っていますが、

    ほとんどの参考書で
    「フッターリンクはキーワードを含めつつ、
    配置する様にしましょう」
    とあります。

    ですから近々、「フッターも最適化しないとなあ〜〜」
    何て考えていました。

    危ない危ない、
    僕の場合はフッターリンクは使わない方が良いようです。

    いつもブログから有益な最新情報を提供して下さり
    感謝しています。
    謙一先生ありがとう(><)

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    フッターリンクのすべてが、いけないということではないですよ。
    ユーザービリティを考慮したフッターリンクや、プライバシーポリシーや会社情報などサイドバーに置けないようなリンクはフッターでOKです。
    SEO目的のフッターリンクは、危険ということです。

  2. By Shinちゃん on

    分かりました(><)
    コメントに感謝しています。

    Webが無かったら、謙一先生のようなSEOのプロフェッショナルの方との
    コミュニケーションは不可能だったでしょう。

    便利な世の中になったものです笑笑

  3. By on

    SEO目的のフッターリンク…。
    してる時あります(^^;)

    いまのところ、ペナルティを受けたことはありませんが、
    過度な対策はしないように気をつけます(>_<)

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    フッターリンクに限らず、やりすぎには注意した方がいいですね。
    といっても、そのさじ加減が難しいんですが。(笑)

  4. By on

    以前、どこかのブログで「GoogleAdSenseのクリック率を高める配置」みたいな記事があり、ビッグバナーをサイト最下部に表示しフッターリンクと思い込ませることでクリック率が上げられると紹介されていたのを思い出しましたが、やっぱりフッターリンクはCTRが低いんですね;^^

    そういえば以前、イン○○・○○○ビックという業者にSEOを外注した際、フッターリンクとキーワードをつめこんだテキストを入れるように指示され、これはかなり不自然だし不味いんじゃないかと言ったら、「上位表示できなかったらフッターリンクが主要な原因と考えていただければ結構」と言われ、しぶしぶフッターリンクを追加したことがありました。

    ところで、何をもって検索エンジンは「フッターリンク」と判断するのでしょうか。div要素に「footer」「foot」などのid・class属性を指定していたら、なんてことはありませんよね。あるいは基本的にフッターリンクも、そのすぐ上に記述されるカテゴリーやアーカイブやタグクラウドもul,li要素でマークアップするので、要素から「ここからがフッターリンク」と判断するのも難しいと思います。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    何をもって検索エンジンは「フッターリンク」と判断する

    いくつかの判断基準を持っていると思いますが、ウェブページのテンプレートを把握して、フッターに該当する部分を識別できているはずです。
    こちらの記事を参照してください。

▲ページの一番上に戻る