Googleが、刊行物のキャンペーンを担当するマネージャ向けのSEOトレーニングに使用したプレゼンテーション資料が、Google Grants Blogで公開されました。

“Easier than you think – Improving your ranking in online search(オンライン検索でランキングを向上させるのは、思っているより簡単)”というタイトルのスライドで、大きく分けて次の3つのセクションで構成してあります。

  1. キーワードの選び方(Googleキーワードツール、Google Insights for Search、Google Trendsを利用)
  2. キーワードを使ったコンテンツの展開方法
  3. オーソリティになる方法(リンクの集め方)

SEOの原則について説明したものなので、高度な内容を取り扱っているわけではありません。

このブログの読者には物足りない内容かもしれませんが、基本に帰る意味で有用です。

ここでは、スライド28から始まる3番目の”Become the authority(権威になる)”を紹介します。

「権威になる、オーソリティを獲得する」とは、一言で言うとPageRankを高めることです。

PageRankを高めるには、リンクを集めなければなりません。

人々がリンクを張りたくなるコンテンツには、次のような例があります。

  • 面白くて、役に立つコンテンツ
  • やり方・方法の解説や、チュートリアル
  • ランキング(例:~トップ10)
  • 意見や思想を引き起こしたり、思いもしないことを伝えるコンテンツ
  • 頻繁に更新するサイト

自分のサイトのテーマでは、どんなコンテンツがリンクを集めやすいかをリサーチすることが大切です。

また、リンクを集めるにはソーシャルメディアも活用します。

具体的には、最新の情報を求めているユーザーに対してブログとtwitterを使います。

  • ユーザーにサイトでの新しいコンテンツを告知すれば、リンクが集まりやすくなる
  • 独自のコミュニティを形成すれば、コンスタントなトラフィックを確保できる
  • ブログから自分のサイトにリンクするのもOK

リンクによってオーソリティがもたらされると同時に、あなたのサイトからのリンクもオーソリティを送ります

次の点には注意です。

  • コメントに書き込まれたスパムサイトへのリンク
  • 発リンク先のサイトによって、自分のサイトの評判も影響を受ける

リンクを集めやすいコンテンツの例は参考になりますね。
あなたのサイトには、こういったコンテンツが存在しますか?

新しい情報を求めるユーザーのためにブログは必須です。
そして、新しいコンテンツの公開を告知するために、twitterの利用も始めてみましょう。

Googleが悪い評価をしているサイトへのリンクは、自分の評価も下げるので、スパムコメントの被害を受けないように常に監視してください。
記事中から、やむを得ず悪いサイトにリンクするときは、nofollow属性を付けるといいでしょう。

このSearch Enging Optimizationスライドは、『Google 検索エンジン最適化スターターガイド』とともに、Google SEOのハンドブックとして手元においておきたいものです。

Google docsの個別ページから、PDFやPPTのデータをダウンロードできます。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google 公式 SEO プレゼンテーションスライド

▲ページの一番上に戻る