[対象: 全員]

Googleによる手動の対策、俗にいう手動ペナルティが期限切れした場合は、手動対策ビューアから警告が消えます。
結果として再審査リクエストを送ることができなくなります。

手動対策ビューアから警告が突然消えてしまった

手動の対策を受けてしまったため問題となる箇所を修正し、いざ再審査リクエストを送信しようとしたら警告が手動対策ビューアから消えていた、そんなサイト管理者が英語版のGoogle公式ヘルプフォーラムに投稿しました。

以前に説明したように、手動対策ビューアの導入に伴い、手動対策を受けている状態でなければ再審査リクエストを現在は送ることができなくなっています。

Google社員のEric Kuan(エリック・クァン)氏が次のように説明しました。

ウェブスパムチームによってあなたのサイトに適用された手動の対策は期限が切れたようです。現在は、Googleの検索結果であなたのサイトに影響する手動の対策はありません。

しかし、手動の対策が期限切れしたからといっても、もともとの手動対策の原因が依然として関連していれば手動の対策が再び与えられることもあります。

手動の対策が将来またサイトに与えられないように、サイトに張られた不自然なリンクの削除を続けることを強く推奨します。

 

手動対策が期限切れすれば手動対策ビューアから消える

すべての手動対策には対応が継続する期限が設定されます。

期限は自動的に終了し、その手動対策による検索結果への影響は消滅します。

つまり放っておいてもそのうち元に戻るということですね。

これも以前に解説したとおりです。

期限切れであろうが手動対策の適用がなくなったので、手動対策ビューアからも消えることになります。
そして、再審査リクエストを送ることはできなくなります。

正確に言えば、手動対策が(ひとりでに)解消されたので再審査リクエストを送る必要がなくなったということですね。

もし同じような状況に遭遇したときは、今回の事例を覚えておくといいでしょう。

手動対策を明らかに受けていて手動対策ビューアにも警告が出ていたのに、ある時を境に警告が消えてしまったときは、その手動対策が自動で期限切れした可能性が高そうです。

そして手動の対策はすでに効力を失っています。

それでも違反の解消を確実にしておく

期限切れを待っていれば手動対策は解除されるのだから、不自然リンクの撤去のような手間のかかる問題解決はやらなくていいと短絡的に考えていはいけません。

再び目視が入れば、また手動の対策が与えられるでしょう。

以前にも手動の対策を受けたという記録はGoogleに残っているので、前よりも厳しい制裁が課せられるかもしれません。

再犯者には執行猶予が付かない、そんなイメージですかね。

GoogleのKuan氏が言うように、手動の対策を受けたときはたとえ期限切れで自動解除されたとしても根本解決のために問題視された違反を解消しなければなりません。

P.S.
手動対応の警告メッセージがメールでは届いているのに手動対策ビューアには現れていないというケースがあるようです。
警告メッセージが送られてきて数日しかたっていないので期限切れは考えづらいです。
(手動対策の期限は一般的には30〜60日、厳しいときはそれ以上と聞いています。)

警告の送信と手動対策ビューアは必ずしも同時に処理されるわけではないようなので、時間差が発生しているのかもしれません。

でも、たとえば1週間たっても、依然として手動対策ビューアに出てこないというのであればGoogleサイドで何か問題が発生している可能性も否定できません。

そんなときは、公式ヘルプフォーラムURLを添えて質問すればGoogleの人が見てくれるかもしれません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 手動対策ビューアからペナルティ警告が消えた理由は期限切れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る