Microsoft BingMicrosoftの新しい検索サービスのブランド名が決まりました。

Microsoftが、公式に発表しています。

新ブランド名は、「Bing」です。
かねてからうわさのあった「Kumo」ではありません。

日本語では、どう発音するんでしょう?

そのまま読むなら「ビング」になりますが、英語で発音すると「ビン」に近いです。
「Ping-Pong」は「ピングポング」とは言わないですね。でも「King Kong」は「キングコング」です。

MSの日本法人が日本語で発するまで謎です。

Live Search Blogが、名前の由来について説明しています。

新鮮な響きがあって、覚えやすくて、短くて、書きやすくて、URLとしても使いやすい、etc.、などの理由があるとのことです。

いちばん肝心なのは性能や使いやすさですね。

MSは、Bingを「Search Engine」ではなく「Decision Engine」と銘打っています。
“Decision”は、ここでは「解決」という意味になりますかね。

紹介ビデオを見ると、検索キーワードに対して、さまざまな角度からアプローチして情報を提供してくれるようです。

たとえば、「digital cameras」を検索すると、デジタルカメラが画像やレビュー付きの一覧で表示され、使いやすさや画質などで選別できます。

Search Digital Cameras at Bing

「diabetes」を検索すると、糖尿病に関する記事、症状、食事療法などのカテゴリに絞った検索ができます。

Search diabites at Bing

旅行で飛行機に乗るときには、発着空港や期間を指定すれば最適なフライトや、チケットを購入できる旅行代理店を見つけてくれます。

Search flight at Bing

単にWebページの一覧を返すだけではないということです。

同じキーワードで検索しても、ユーザーによって求める内容は異なってきます。
ユーザーのインテンション(意図)を読み取れればいいのでしょうが、完全にそうすることは難しいでしょう。

ならば、それぞれのインテンションごとにまとめてあげて、ユーザーに選ばせるというのは賢い特徴だと思います。

6月3日の公開が楽しみです。

なお、Microsoftは、これまでにない8,000万ドル(約80億円)以上の巨額の予算を投じて、Bingをプロモーションするそうです。

こけないことを祈ります。w

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPBing検索 › マイクロソフトの新検索ブランドは「Bing」に決定、「Kumo」ではなかった

Comments

  1. By on

    英語版WikipediaのBing (search engine)によると、Bingはエレベーターが着いたときのベルの音など,到着や結末を表現する擬音語とありました。電子レンジの「チンする」みたいな感じで「ビンする」ってことでしょうか。公式カタカナ表記は「ビング」ですけどね。

    gihyo.jpに関連する記事を書いているので(http://gihyo.jp/design/clip/01/weekly-web-tech/200906/04)、よろしければご覧ください。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Wikipediaには、もうBingのページができあがってるんですか。
    早いですね。

▲ページの一番上に戻る