笑うクモサーチエンジン市場では、その努力にもかかわらず成果がさっぱりのMicrosoft Live Searchですが、ブランド名を一新するようです。

LiveSide.netによると、新しいドメインは「kumo.com」(現在は外部からのアクセス不可)で、「kumo」は日本語の「蜘蛛(クモ)」を意味するとのことです。
World Wide Webの”Web”ですね。
(ロボットのSpiderもかけてる?)
※追記:「kumo」は、日本語の「雲」もかけています

Microsoftは、検索サービスをMSNからLive Searchとしてブランド化しようとしましたが、うまくいっているとは言えません。
分散しているだけのように思えます。

“Kumo”が、ブランドとして認知されるのかどうか、個人的には懐疑的です。

そんなMicrosoftですが、最近クローラであるMSNbotの訪問頻度が増えているのに対して、インデックス数が減っていると、WebmasterWorldで報告されています。

試しに、GoogleとYahoo!とLive Searchでこのブログのインデックス数を調べてみました。

本当に少ないです。
Live Search Webmaster Tools上では、2,500ページ以上インデックスされていると表示されていますが、データが古いだけかもしれません。

ブランドを一新する前に、システムを一新してほしい気がします。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPBing検索 › Microsoft Live Searchが蜘蛛になる

Comments

  1. By on

    私は、Techcrunch Japaneseでこの情報を知りました。
    「Kumo」は、「雲=クラウド(コンピューティング)」も意味してませんか?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    Incidentally, Kumo means “cloud” or “spider” in Japanese.

    はい、そのとおりです。
    抜けていましたね。
    ご指摘ありがとうございます。

    “Incidentally”とあるので、意図的ではなくたまたまなんでしょうかね。

  2. By on

    Live Searchでは、うちの管理サイトも
    11/20ごろから98%キャッシュが減ってます。

    まっ、どうでもいいですよ?って感じです・・・
    Yahoo!だったら真っ青にまりますけどね(笑)

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    同じく、Live Searchでどう扱われているかはまったく気になりません。(笑)

  3. By on

    雲を掴むような話になったりして?。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    お久しぶりです。
    最近コメントがなかったのでホッと、どうしたのかなと気になってました。

▲ページの一番上に戻る