[対象: 中〜上級]

Googleウェブマスターツールの検索クエリレポートを、Google AdWordsのレポートで表示できるようになりました。

これにより、オーガニック検索つまりSEOと有料広告つまりPPCの、キーワードごとの掲載順位やクリック数、クリック率などを1つのレポートで比較分析できます。

英語版のAdWords公式ブログで1週間前にアナウンスがありました。

日本語版公式ブログではまだアナウンスがありませんが、日本語のヘルプはできあがっています。

実際に設定可能でデータもきちんと出てきます。

AdWordsでの有料広告とオーガニック検索のレポート

設定が完了してからのデータが反映されるため、上のキャプチャは比較するほどには十分な情報が集計できていません。
それでもイメージはつかめるはずです。
(ちなみに、僕が所属する会社の腕利きPPC担当からキャプチャをもらいました。)

オーガニックでまとまった表示回数があるのにAdWordsで出稿していなかったキーワードや、どちらか片方でパフォーマンスが良い・悪いキーワード、それぞれのクリック数やCTRの比較など、さまざまな角度からの分析に役立ちそうです。

今までも、GoogleアナリティクスまたはGoogleウェブマスターツールのデータを基にして、オーガニック検索とAdWordsのデータを比較することはできました。

しかし別々のツールからデータをエクスポートし、Excelなりで加工する手間がかかります。

自動でデータを取得させ何もすることなく1画面のなかで比較できるのは非常にありがたい機能です。

設定方法の詳細はヘルプが説明しています。

  • ウェブマスター ツール アカウントを AdWords アカウントにリンクする
  • リンクしたウェブマスター ツール アカウントを AdWords で管理する

上の2つの手順が必要です。

AdWordsしか管理しておらずウェブマスターツールを使ったことがない人はひょっとしたら操作に戸惑うかもしれません(ヘルプのスクリーンショットが英語画面のままなのもいただけない)。

でも、僕のブログ読者ならウェブマスターツールの操作には慣れているはずで、AdWordsとデータを比較したいというのであればAdWordsの使い方もわかっているはずです。

苦労しないでしょう。
今はAdWordsをまったくいじっていない僕でも、3分で設定完了しました。

AdWordsのレポートとウェブマスターツールの検索クエリレポートは、(not provided)の影響を受けないのも嬉しいですね。

懸念点があるとしたら、ウェブマスターツールのデータは必ずしも正確でない(ようにしか思えない)ことがあるという点でしょうか。

とはいえ、何度も繰り返すようにSEOとPPCの検索結果ページでの状況を簡単に比較できることは、SEO・PPCそれぞれの改善に大いに役立つことでしょう。

コンバージョンデータまで比較できたらもっと良かったんですが、ウェブマスターツールの検索クエリではコンバージョンを追えないのでそれは無理な相談ですね。

AdWordsレポートとウェブマスターツールの検索クエリレポートの比較機能を使えば、SEOとPPCはどちらが成果を出すのか? SEOとPPCのどちらに予算と時間を割くべきか?、なんていう「SEO vs. PPC」の戦いに決着を付けられるかもしれません。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › SEO vs. PPCの戦いに終止符を打つ、ウェブマスターツールの検索クエリデータをAdWordsで比較可能に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る