このブログではないのですが、最近、アクセスログのHTTP_REFERER(参照元サイト)に、奇妙なデータが連続して残されていました。

これです。

http://search.live.com/results.aspx?q=required&mrt=en-us&FORM=LIVSOP

MicrosoftのLive Searchからのクエリのようですが、アクセスしてみても奇妙な検索結果ページが表示されるだけです。

しかし、すぐにピンときました。

これは、何かと言うと、

Live Searchの品質調査なのです。

数ヶ月前に見た、WebmasterWolrdでのやり取りを思い出しました。

1人のウェブマスターが、Live Searchからの奇妙なリファラーの大量の発生に気付き、フォーラムに投稿したのです。
IPアドレスを調べると、間違いなくマイクロソフトのネットワークからのアクセスです。

他にも同様のケースが報告され、中にはIPアドレスを割り出してアクセスをブロックするメンバーもいました。

しばらくすると、Microsoftを代表するフォーラムメンバーのmsnDudeが登場し、詳細を説明しました。

The traffic you are seeing is part of a quality check we run on selected pages.

彼らが選択したページに対して、クオリティチェック(検索性能に対するチェックでしょう)を行っているとのこと。

さらに、次のように続けています。

we would request that you do not actively block the IP addresses used by this quality check; blocking these IP addresses could prevent your site from being included in the Live Search index.

IPアドレスでアクセスをブロックすると、ウェブサイトがLive Searchにインデックスされなくなるかもしれない。

大量のアクセスを発生させてサーバーに負荷をかける、スパム的な行為を行っているのにもかかわらず、防御するとインデックス削除されることに、不満を抱くメンバーもいました。

このディスカッションを見たときは、「へぇー」くらいにしか感じなかったのですが、まさか自分が管理するサイトにもやってくるとは思いもしませんでした。

ただ、1日に数回程度なのでまったく心配はしていません。
それよりも、”selected pages”として、自分のサイトがLive Seachに選ばれたことが、なんだか嬉しかったりします。(笑)

あなたも、アクセスログを確認してみてください。
Live Searchの奇妙な足跡が残っているかもしれませんよ。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPBing検索 › Live Searchがスパムアクセスをしている?

▲ページの一番上に戻る