Googleが検索結果ページを、現行のHTMLベースからAJAXベースに移行すると思われるような形跡を、Smackdownブログが発見しました。

クエリのパラメータに「ajax」という文字列が含まれていたり、ブラウザには表示されているのにページのソースには記述されていないテキストが存在していたりします。

AJAX仕様になったとしても、検索ユーザーには格段影響はないでしょうし、気づくこともないと思います。

しかしSphinnでの2つの投稿を読むと、SEOに携わるWebマスターにとっては、従来使っていたランキングチェックツールが使えなくなる可能性があるというデメリットが発生しそうです。

反対に、Google Analyticsで参照キーワードのデータが入手できるというメリットも考えられるそうです。

AJAXベースのSEPRはまだ一部のユーザーだけに対するテスト段階のようですし、今後正式採用されるかどうかは分かりません。

常にユーザーエクスペリエンスの向上を目指すGoogleの姿勢が伺えるニュースです。

【補足】
「AJAX(アジャックス/エイジャックス)」とは、複数のオープンな技術の組み合わせによって実現されるWebブラウザで使われる仕組みの総称です。
馴染みのない方は、検索で調べてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleの検索結果ページがHTMLからAJAXへ変わる?

▲ページの一番上に戻る