被リンク元のIPアドレスは分散させた方がSEOに効果がある、最近話題になっているSEOテクニックの1つです。

IPアドレスの分散が本当に必要なのかどうかは意見が分かれます。

同じIPアドレスのサイト同士で過度に相互リンクしあうとペナルティの対象になるかもしれない、という記事を書いたことがあります。

このときは、1台のサーバーで9つのサイトを運用したケースでした。

それでは、1台のサーバーだけれども、サイトに割り当てられたIPが異なり、しかもそのIPアドレスはクラスCでも異なる場合はどうなのでしょう?

WebmasterWorldでのディスカッションからの情報になります。

質問者は、1台のサーバーで、2つのサイトを運用しています。
それぞれのサイトには、固有のIPアドレスを割り当てています。
※コンピュータには、複数のIPアドレスを割り当てることができ、ウェブサイトに個別に指定できる

2つのIPアドレスは、クラスC以上で分散されています。

IP分散という点では問題ありませんが、サイトをホストしているコンピュータは共有しているので、物理的には同じ1台のサーバーになります。

Googleには、同じサーバーでホストされているサイトだということが分かるでしょう。

この2つのサイト同士でリンクしあった場合、リンクの効果はどうなるでしょうか?

フォーラムアドミニストレータのtedster氏は、問題ないと回答しています。

彼自身、同じIPアドレスのサイト同士で相互リンクしあっていますが、何らペナルティを受けていません。
異なるIPアドレスのサイト同士のリンクよりは、リンク価値が減るかもしれないけれど、気にしていないそうです。
ペナルティを受けるかどうかということなら、やりすぎなければ心配することはないだろうとのこと。

tedster氏は、クラスC以上でのIPアドレス分散については、騒がれすぎであって、Googleは他にもさまざまな要素でリンクを評価しているので、それほど気にしていないと個人的な見解を述べています。

僕は、以前メルマガで書いたように、クラスC以上でのIPアドレス分散は、ランキングを上昇させるというより、リンクの評価が下がることやペナルティを受けるのを防ぐのに役立つ、というスタンスです。

あなたは、IPアドレスの分散についてはどのよう考えますか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › IPアドレス分散は、SEOに本当に必要か?

Comments

  1. By on

    リンクの価値がかなりの比重を占める現状のSEOでは、リンク価値の維持・ペナルティ等のリスク回避だけでもかなりの意味を占めるのではないでしょうか。
    手間的にも予算的にもよほど気合をいれたウェブマーケッターでない限りクラス分けはしないでしょうし、Googleとしても同じIPのリンク価値を下げるのはやり易いスパム対策でしょう。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    そうですね。
    IP分散は、ランキングアップというよりもリスク回避のために意識するべきですね。
    賛成です。

  2. By on

    coolwebです。
    サブドメインでのIP分散テスト開始します。
    分散するサイトのボリュームが小さいので、
    効果が測定できないところがポイントです。(爆)

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    分散するサイトのボリュームが小さいので、
    効果が測定できないところがポイントです。(爆)

    意味ないやん!

▲ページの一番上に戻る