Google +1ボタンの公開について書いた昨日の記事は、もの珍しさも手伝ってか100プラスワン以上を獲得しました。

+1してくださった読者のみなさん、ありがとうございます。

1ヶ月後には、+1のことなどすっかり忘れ去ってしまっている可能性も十分にあるので、旬な今のうちに+1の記事を今日も続けて投稿します。

トピックは2つあります。

  1. +1ボタンが表示されないときの対処方法
  2. Googleアナリティクスでの+1ボタン利用状況の計測設定

+1ボタンが表示されないときの対処方法

一部のブラウザでは、+1ボタンが表示されません。
これは+1ボタンを表示するコードの形式に対応していないからのようです。
HTML5で記述することで対応できます。

下は標準のコードです。

<g:plusone size="standard" count="true"></g:plusone>

※「count」は省略可。falseを指定すると+1の数字が非表示になる。

HTML5のコードは次のようになります。

<div class="g-plusone" data-size="standard" data-count="true"></div>

IE7や8を使っている方、↓これが見えますよね?

ただいくつか問題があります。

依然として表示できないブラウザもあるようです。
iPhone (3G) のブラウザでは見えませんでした。

またサイズ指定ができません。

+1ボタンのヘルプには次のように書いてあります。

属性を含める場合は、data-size のように data- コードを前に付ける必要があります。

しかし、サイズを指定する「data-size」とカウントの表示・非表示を切り替える「data-count」は、僕がこの記事を書いている時点では機能していません。

大きさを変えられないので、記事トップに付けている大ボタンは標準コードのままです。
見えないユーザーさんがいることでしょう。

ソーシャルの分野に進出を狙っているのに、Googleは利用者を取りこぼしちゃってますよね。
もったいないことです。

なおHTML5の代替コードについては、@myamyuさんにTwitterで助けていただきました。
ありがとうございました。

Googleアナリティクスでの+1ボタン利用状況の計測設定

次は、+1ボタンの利用状況を計測する方法です。

Search Engine Landによれば、Googleは次の3つのプロダクトで解析データを提供する予定とのことです。

  • Google ウェブマスターツール
  • Google アナリティクス
  • Google AdWords

次のような指標を計測可能です。

  • 地域別データ
  • ユーザーの属性別データ
  • URL単位の+1数
  • インプレッション数やクリック数、CTR

+1ボタンの解析データ

ただ提供時期は未定でいつ利用開始になるかは分かりません。

そこで、おおまかにはなりますが、利用状況をGoogleアナリティクスで計測できる方法を紹介します。

WordPressのエキスパート、Joost de Valkが彼のブログで解説しています。

手順は次のとおりです。

1. ボタンのコードの編集

+1ボタンに「callback=”plusone_vote”」というパラメータを追加します。
このようになります。

<g:plusone size="tall" callback="plusone_vote"></g:plusone>

※ボタンのサイズ(size)は必要に応じて変えてください。

2. イベントトラッキング用コードの追加

Googleアナリティクスのイベントトラッキングの機能を使って計測します。
次のコードを挿入します。

<script type="text/javascript">
function plusone_vote( obj ) {
_gaq.push(['_trackEvent','plusone',obj.state]);
}
</script>

場所はheadセクションの中かbodyセクションの終了タグの前でいいようです。
僕はheadセクションに入れました(ページの読み込みを若干遅くするかもしれない)。

Googleアナリティクスのコードの中に挿入することもできると思いますが、僕にはちょっと分かりません(“コーディング”の人ではないもので)。

こんな感じでデータが取れます。


Googleアナリティクスでの+1ボタンの利用状況

昨日の午後に設定したばかりなので1日分だけです。

イベントトラッキングに「plusone」という名称のカテゴリで計測されます。
「on」が+1を入れたことを示し、「off」が+1を取消したことを示します。

Googleが公式に提供する解析ツールよりは計測できるデータがずっと乏しいですが、全体的な利用状況を知ることはできそうです。

1ヶ月後にはゼロに近くなっている可能性も十分にあると予測します。(笑)

でも、役に立ったと思ったら今日も+1しておいてくださいな。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google +1(プラスワン)ボタンが表示されないときの対処法 & クリック計測方法

Comments

  1. By かわ on

    +1ってクリックするだけで+1されるのでしょうか?
    +1クリックすると、なんかプロフィールを作成するとか出るのですが・・・

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Googleプロファイルを公開するかどうかを尋ねられます。
    詳しくはヘルプをご参照ください。
    「+1 が表示されるユーザー」の「+1 の公開について」です。

  2. By on

    いつも有益な情報をありがとうございます。
    最新の IE9 だと標準のコードでも正常に表示されますね。
    IE7、IE8 だけ表示されないのでしょうか?
    IE Tester を使って確認すると IE7、IE8、IE9 すべて表示されないので
    IE9 だけ表示されるのかどうか確認できませんでした。
    とりあえず標準のコードを使うことにしました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    今はJQueryを使って表示させてます。
    僕の環境のIE8でも表示できますが、金谷さんはどうでしょう?
    スマートフォンでもブラウザによって表示されたりされなかったりみたいです。
    Googleに直してもらうしかないですね

  3. By on

    こんにちは。
    記事参考にさせていただきました。ありがとうございます。

    IE7とIE8で確認したのですが、表示されませんでした。IE9では表示されます。
    IE9でしたら標準コードでも表示されてました。

    Googleに早く対応して欲しいですね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    IE8でも表示できる環境とできない環境があるようですね。
    Googleに何とかしてもらうしかなさそうです。
    検証してから公開してほしいですよね。

▲ページの一番上に戻る