Googleウェブマスターツールが、登録したサイトに多くのクロールエラーが急激に発生したときに管理者に通知メッセージを送信するようになりました(公式アナウンス:New Message Center notifications for detecting an increase in Crawl Errors)。


jクロールエラーの警告通知

404エラーが突然増えたとか、robots.txtで大量のURLのブロックが検出された時などに(意図的であるにせよないにせよ)メッセージが送信されてきます。

すでに認識して対処中ならともかくとして、気付かないうちに管理サイトのページがインデックスから消え始めているなんていう事態を防ぐことができますね。

Googleウェブマスターツールにはメッセージの転送機能が備わっていてツール内だけではなく登録したメールアドレスで通知を知ることができます。

転送は必ず設定しておきましょう。

Googleウェブマスターツールは、この他にも次のような場合に通知メッセージを送ってきます。

  • ウェブマスター向けガイドラインに違反した場合
  • クロール速度の設定を変更した場合
  • 有料リンクを報告した場合
  • URL削除リクエストを送信した場合
  • サイトリンクを変更した場合
  • 地域ターゲットを設定した場合
  • サイト所有者を追加した場合
  • 多くの数のURLが検出された場合 ※ループなどが発生している場合

Googleに情報がバレるから使わないというサイト管理者もいるようですが、やましいことをしていないならウェブマスターツールは必ず使ったほうがいいでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleウェブマスターツール、クロールエラー多発時に通知メッセージを送信

▲ページの一番上に戻る