スパム行為とハッキングを受けた可能性があるときにGoogleウェブマスターツールに警告メッセージが届くようになったことを昨日お伝えしました。

こちらはお世話になりたくない機能ですが、今日はお世話になることが必至のGoogleウェブマスターツールの新しい機能を紹介します。

「管理ユーザーの追加」機能になります。

これまでは、1つのサイトを複数のユーザーが管理する場合はそれぞれのGoogleウェブマスターツールで認証しなければなりませんでした。
個々の認証HTMLファイルをアップロードするか、個々の認証metaタグを記述するか、いずれかの手段を取っていたはずです。

複数ユーザーのmetaタグがずらずら並ぶのは、手間がかかるし見た目にも美しくないですね。

しかしこれからはツール内の「確認の詳細」ページからユーザーを追加できます。

WMTでユーザーを追加する

注意点をリストアップします

  • 最低でも1人のユーザーでの認証が必要
    ⇒ すでの認証を済ませたユーザーの管理画面から別のユーザーを追加できます。
  • 追加するユーザーはGoogleアカウントを開設していること
    ⇒ Googleアカウントに紐付けられたメールアドレスで指定します。GoogleウェブマスターツールにログインするにはGoogleアカウントが必須ですね。
  • 追加されたユーザーは管理者権限を持つ
    ⇒ 追加したユーザー同様すべての操作ができます。URL削除依頼とかさらに別のユーザーを追加したりとか、何でもできてしまうので信頼できる人にのみ付与しましょう。Google AnalyticsやAdWordsのように閲覧権限だけのオプションも準備してほしいですね。

コンサルティングでクライアントのサイトのWMTの状態を見るときに、いちいち確認ファイルをアップロードしてもらっていたのですが、今後は不要ということでとても楽になりました。
自味だけれどもとても役立つ機能になります。
ありがとう、Google。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleウェブマスターツールを複数のユーザーで管理する

▲ページの一番上に戻る