[対象: 中〜上級]

Googleはウェブマスターツールにおいて、リダイレクトが発生するURLに起きるクロールエラーの扱い方を改善しました。

エラー対象がリダイレクト元からリダイレクト先へ

URL AからURL Bにリダイレクトされ、URL Bに404や503といったクロールエラーが起こっていたとします。

リダイレクト先URLでクロールエラーが発生

これまでは、クロールエラーはURL Aに起こったエラーとしてレポートに出ていました。
これからは、URL Bに起こったエラーとしてレポートに出ます。

つまり、エラーコードを実際に返す最終地点のURLがエラーレポートの対象になります。

もしドメイン名を変更しサイト全体を移転していた場合でクロールエラーが発生したときは、新しいドメイン名のサイトにエラーがレポートされます。
以前のドメイン名のサイトにはクロールエラーはレポートされません。

したがって状況によっては、エラーの数に大きな変化が見られることがあります。

リダイレクトが関わるURLにおいては、今回の改善によりリダイレクト元よりもリダイレクト先がわかることでエラーを診断しやすくなりそうです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Googleウェブマスターツール、リダイレクトURLに発生するクロールエラーレポートを改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る