スニペットの下に表示された関連検索

Googleは、検索キーワードによっては、検索結果ページ(検索結果ページ)の上部と下部に「関連検索(Related Search)」として関連したキーワードの候補を表示します。

ユーザー補助になるばかりか、キーワードリサーチとしても使える便利な特徴です。

アメリカのSEOエキスパート、Aaron Wall(アーロン・ウォール)氏は、関連するキーワードが、SERPの上下ではなく、検索結果に登場した各ウェブページのURLの下に表示されていることを発見しました。

ただし、テスト中らしく、偶然に遭遇したようで、他には見つけられなかったとのこと。

スクリーンショットを見ると、ウェブページによって表示される関連キーワードに違いがあります。
そのサイト(ウェブページ)が上位表示されるキーワードなのでしょうか?

キーワードをクリックすると、そのキーワードでの新たな検索が実行されるそうです。

Googleからの公式アナウンスは、ありません。

GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は、このニュースについて書いたGoogle Blogscopedの記事のコメントで、「適切なキーワードが見つからないときには便利で、気に入ってる」と発言しています。

単なるテストで終るのか、全面的に展開されるのか、ググった時には検索結果表示を注意深く見るようにしましょう。

運よく見ることができたら、ぜひ教えてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › グーグル、関連キーワードをそれぞれの検索結果の下に表示

▲ページの一番上に戻る