Google、AIベースのSpambrainを使うリンクスパムアップデートを実施【December 2022 link spam update】

[レベル: 中級]

December 2022 link spam update と呼ぶアップデートを 2022 年 12 月 14 日(太平洋時間)にグローバルで Google は実施しました。
link spam update はリンクスパムの防止が目的のアップデートです。

Spambrain を不正リンク検出にも利用

December 2022 link spam update には、Spambrain(スパムブレイン)が用いられています。

Spambrain は、AI を用いたスパム防止システムです。
2018 年から導入されていたものの、その存在が公になったのは 2022 年 4 月でした。

不正なリンクに対して Spambrain が機能するのは、これまではごく限られた状況でした。
しかし、今回のリンクスパムアップデートでは、リンクスパム防止に初めて本格的に Spambrain が使われるようになっています。

Spambrain の不正リンク対策について Google は次のように述べています。

スパムを直接検出することに加えて、リンクを販売しているサイトと、外部リンク(の評価)を渡す目的で使われているサイトの両方を今は検出することができます。

Spambrain の利用により、アルゴリズムでのリンクスパム自動検出の精度が以前よりも(格段に)向上したと推測できます。

不正なリンクを無効化

リンクスパム防止システムによって検出された不自然なリンクは無効化されます。
評価の対象として無視するということです。

不正にリンクをサイトが獲得していたとしても、“ペナルティ” として積極的に順位を下げる処置は実行しないと思われます。
📝すずき注: 順位が下がる心配がないからといって不正にリンクを集めても、最終的には手動対策を受けるので甘く見てはいけない

改善しても順位は改善しない

December 2022 link spam update の展開の完了には最長で 2 週間程度かかります。

リンク スパム アップデートの影響を受けたために順位が下がった場合、リンクの状態を改善しても順位が元に戻る見込みは低いでしょう。

スパム アップデートを説明する技術ドキュメントに リンク スパム アップデートに関するセクションを Google は追加しました。

リンクスパム アップデート(リンクスパムの処理に特化したアップデート)のケースでは、変更は改善に結び付かないかもしれません。なぜなら、私たちのシステムがスパムリンクを無効化すると、以前に生成されていたリンクの信頼性が消滅するからです。このリンクの信頼性が上位表示に役立っていたとしたら、それが取り戻されることはありません。

📝すずき注: この記事を書いている時点では日本語ドキュメントは未更新のため訳は僕による

不正に獲得したリンクの効果によって上位表示できていたとします。
そのリンクが検出されると、評価はゼロになります。
不正なリンクを削除したとしても、ゼロはゼロのままです。

もし、リンクスパムアップデートが評価をマイナスにまで下げるのであれば、リンク削除がマイナスを解消するかもしれないので(ある程度の)順位回復は考えられるでしょう。
しかし、すでに説明したように、リンクスパムアップデートは、不正なリンクをないものとして使う仕組みです。
リンク削除は功を奏しません。

不正リンクを集めていなければ無関係なアップデート

いくつかのランキングチェックツールを見る限り、December 2022 link spam update によるものと思われる目立った順位変動は起きていないようです。
ランキングチェックツールが監視している多くのクエリでは、不正なリンクに対する Google 側の対策がすでに整っているからではないでしょうか。

もっとも、不正にリンクを集めていないのであれば被害を受けることはありません。
不正リンクを集めているサイトの順位が下がっているのを発見した場合は、Google を褒めてあげましょう。