[レベル: 上級]

競合が強すぎて上位表示が難しい難関キーワードでは、ウェブ検索ではなく画像検索や動画検索を狙うのがベストな作戦であることも多い

2018年4月6日に開催された ISM Spin-off #4 – Google Search Night の基調講演で、Google の Gary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏はこのようにアドバイスしました。

画像と動画は、現在 Google がより力を入れている分野だそうです。

画像検索と動画検索で上位表示

画像検索・動画検索で上位表示するための TIPS

ゲイリーは、画像検索と動画検索で上位表示するためのヒントを与えてくれました。

  • 構造化データ:
    テキストのコンテンツと比べると、画像や動画のコンテンツの理解は Google にとって難しいことがあります。構造化データは、画像・動画コンテンツの理解を助けます。
    画像コンテンツは、schema.org/ImageObject でマークアップし、動画コンテンツは schema.org/VideoObject でマークアップします。
  • サイトマップ:
    サイトマップは、インデックスのスピードを速めることができます。画像・動画コンテンツを発行する時は、サイトマップを送信するといいでしょう。
    【参考】画像サイトマップのヘルプ記事動画サイトマップのヘルプ記事
  • 可能な限りの多くのデータ:
    構造化データにしてもサイトマップにしても、可能な限り多くの情報を提供することをゲイリーは勧めました。コンテンツの理解に役立つからです。Google がコンテンツをより正しくできれば、その分だけ上位表示のチャンスが増えます。

特に、モバイル画像検索に新しい機能をGoogle が次々と実装していることに SEO を頑張っている人なら気付いているでしょう。
大手サイトが上位に名を連ねて突破が難しい難関クエリでは、画像検索と動画検索を狙うことが打開策になるかもしれません。

ゲイリーが教えてくれた TIPS を取り入れて挑戦してみてはいかがでしょうか。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPセマンティック検索 › 難関キーワードでは画像検索と動画検索が狙い目、構造化データとサイトマップが上位表示のコツ #inhouseseo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る