[レベル: 中級]

Googleは、Accelerated Mobile Pages (AMP) を通常の検索でサポートするモバイル検索を正式に公開しました。
Inside SearchブログAMP公式ブログで同時にアナウンスしています。

すべてのモバイル検索結果にAMPページを表示

今までは、AMP対応したページは、ニュース的なコンテンツだけが通常の検索結果とは別にトップニュース枠に(主に)カルーセル形式で掲載されていました。

トップストーリーのAMPカルーセル

通常の検索結果にもAMP表示を拡大したモバイル検索をGoogleは8月に試験的に公開していましたが、いよいよ正式導入です。
今後は、すべての検索結果にAMPページが表示されることになります。

AMP結果

リッチスニペットを設定したレシピページもAMP対応していれば、AMP版が表示されます。

レシピページのAMP結果

ランキングアルゴリズムの変更ではない

試験公開されていた開発版のときと同じように、ランキングアルゴリズムの変更ではありません。
検索結果に出てくるページがAMP対応していれば、AMP版ページにユーザーをアクセスさせるというものです。

高速にページを表示し、かつデータの転送量を減らしことでユーザー体験を高めることが目的です。

したがって、(直接的な)順位変動は発生しません。

ゆっくりと展開、まずは米国のみ?

完全にAMP対応したモバイル検索は、おそらく今のところは米Google (google.com) だけで利用できるようです。
しかもかなりゆっくりとしたペースで展開していると思われます。

AMPプロジェクトで中心的な役割を果たしているMalte Ublは次のようにツイートしています。

8週間の開発プレビューを経て、AMPは、モバイルにおいてすべてのGoogle検索結果にゆっくりと展開している。

グローバルでの展開なのか?と尋ねたところ、次の返信をもらえました。

いいや、しかも全員にではない。(展開が終わるまでには)かなり時間がかかるだろう。

そんなわけで、日本語のモバイル検索ではまだ導入されていないようです。
少なくとも僕はまだ体験できていません。

米Googleで検索した場合も、正式公開のニュースを知ったばかりのタイミングではいつもの結果と変わらず、30分ほどたってから確かめることができました。
展開完了までには、数日くらいはかかるのかもしれませんね。

ただし、日本語ページであっても米GoogleであればAMP結果を見ることができます。

日本語ページのAMP結果

【UPDATE】Search Engine Landによれば、GoogleのRudy Galfi(ルディ・ガルフィ)氏は「今年の終わりまでにはグローバル展開を完了させたい」とコメントしたそうです。

通常のモバイル検索結果でのAMPをGoogleが正式にサポートしたからといって、必ずしもAMP対応しなければならないということではありません。

AMPカルーセルだけのときは、普段は表示されるはずがないクエリで検索結果上部に出るため、純粋にアクセスが増えることが多かったはずです。
しかし常にAMPページに着地させることで、デメリットが出てくるサイトもあることでしょう。
あなたのサイトのビジネス要件にあわせて、AMP対応させるかどうかを決めてください。

一方で、僕のブログのようにAMP対応することに特にデメリットがないのであれば、ユーザー体験を高めるためにAMP対応を進めるのは良いアイディアだと思います。

すでにAMP対応しているサイトは、Google検索からのトラフィックの変化やユーザー行動をアクセス解析ツールで監視しましょう。
もっとも、日本にも導入されてからの話になりますが。;)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Google、AMPをサポートするモバイル検索を正式公開。ゆっくりと展開し、まずは米国から導入開始か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る