[レベル: 初級]

モバイルフレンドリーかどうかをランキング指標として4月21日から利用することをGoogleは告知しています。
このアップデートは、タブレット端末からのGoogle検索には影響しません。
スマートフォン端末からのモバイル検索だけに影響します。

スマホ検索のみ影響、タブレット検索には影響せず

モバイルフレンドリーのアルゴリズム更新が、スマートフォンから検索したときに適用され、PCから検索したときには適用されないことは発表後の早い段階で明らかになっていました。

一方でタブレットはどうかというと、PCと同様にタブレットからの検索にも適用されません。

GoogleウェブマスターのTwitter公式アカウントが一般ユーザーと次のようなやりとりをしていました。

Googleの新しいアップデートはモバイルユーザーとタブレットユーザーに対して表示する検索結果に影響するのですか? それともモバイルユーザーに対してだけですか?

まもなく予定しているモバイルフレンドリーの変更はモバイルユーザーだけが対象で、タブレットユーザーは対象ではありません。

公式アカウントとのツイートをここでは引用しましたが、ジョン・ミューラー氏が開催しているウェブマスター向けのオフィスアワーでも言及しているはずです。
つい最近の日本語でのオフィスアワーでも長山さんが説明しています。

スマホ対応ラベルもモバイル検索のみ

「スマホ対応」ラベルもモバイル検索だけに表示されます。

スマートフォンでの検索結果です。
スマホ対応ラベルが付いたモバイル検索

タブレットでの検索結果です。
スマホ対応ラベルが付かないタブレットの検索結果

スマホ対応のラベルとモバイルフレンドリーのアップデートは連動しているので当然です。

スマホかタブレットかの判別はどうやっているのか

“ファブレット”とも呼ばれる、スマートフォンとタブレットの中間サイズのデバイスはどう扱われるのでしょうか?

オフィスアワーでの長山さんの説明によれば、タブレットかスマートフォンか(PCかまたはその他のタイプのデバイスか)どうかは、ユーザーエージェント (User-Agent, UA)で判定するとのことです。

SEOにおける特別なタブレット最適化はない

タブレットをPCと同等にGoogleは扱います。
したがってタブレット専用の検索結果を提供していません(今のところは?)。

またモバイルとは異なり、タブレットに向けた推奨構成も定めていません

とはいえ、いくつかのヒントを提供しています。

来たるべきモバイルフレンドリーアップデートには関係しないし、SEOを意識した特別なタブレット最適化というものは存在しません。
しかしタブレットのユーザー体験を高めるためには、公式ドキュメントに目を通しておくといいでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Googleのモバイルフレンドリーのアルゴリズム変更はタブレット検索には影響しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る