[レベル: 上級]

UI を大がかりに改良するとともにバックエンドシステムを作り変えた新しい Search Console を Google は開発中です。

これまでは条件を満たした限られたごく一部のサイトだけがベータテストに参加できていました。
しかし、このベータテスト参加への招待がより多くのサイトに届いているようです。

新 Search Console ベータテストの案内
[Image Credit: Search Engine Roundtable]

新 SC の新しいレポート機能

新バージョンの Search Console には新しいレポート機能が追加されています。
インデックスのさまざまなステータスを提供する Index Coverage(インデックス カバレッジ)レポートがそのうちの1つです。

スクリーンショットを Glenn Gabe (グレン・ゲイブ)氏がTwitter に共有しているので見てみましょう(ツイート内の画像が表示されていない場合は、元のツイートにアクセスしてください)。
※今回招待されたベータテスターには NDA は適用されていないようですね

こちらのレポートは、サイトマップ送信されていてインデックスされている URL の数の推移を表しています。

こちらのレポートは、サイトマップ送信されていないけれどインデックスされている URL を示しています。

こちらのレポートは、 サイトマップ送信されているけれどインデックスされていない URL です。

こちらのレポートは、インデックスしてはいるけれど Google が関心を持っていない(品質が低いと判断している?)URL です。

こちらのレポートは、Google が発見した rel=”canonical” タグがない重複コンテンツです。

今までにはないレポートがそろっていますね。

ベータテストに参加するには?

新しい Search Console を自分も試してみたいと思うかもしれませんが、僕たち側からの意思でのベータテスト参加は残念ながらできません。
Google に選ばれたサイト(と管理ユーザー)だけが参加できます。
通常のベータテストへの参加登録には関係しません

ベータテスト枠がさらに拡大されるか、もしくは正式公開まで待つしかありません。;)

運よくベータテスターに選ばれたとしたら、使いこなして Google にフィードバックしてあげてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › 新しい Google Search Console のベータテスト参加への招待がより多くのユーザーに届く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る