Google画像検索に出てくる画像を、被写体の種類にカテゴリ分けして表示できるようになりました。

画像検索を被写体でソート

左ナビゲーションパネルに「Sort by subject」というメニューが出ています。
このリンクをクリックすると、デフォルトで設定されている関連性ではなく被写体のカテゴリにまとめて表示されます。

「tokyo」で検索して「Sort by subject」で並び替えたのが上のキャプチャです。

「tokyo tower」(東京タワー)、「tokyo skyline」(東京のスカイライン)、「tokyo downtown」(東京の繁華街)、「tokyo shibuya」(東京 渋谷)のようにカテゴリごとに分類されています。

今のところ、被写体のカテゴリによる分類はGoogle.comの画像検索だけで利用可能です。
今後数週間以内にほぼすべての国と言語で利用できるようになるとのことです。

画像はテキストと違って、何を表現しているのかを理解するのは検索エンジンには難しいはずです。
被写体で分類できるということは、写っている物体が何なのか理解できているということですよね。

被写体による分類は、これまで開発してきた「Google Similar Images」(類似画像検索)「Google Image Swirl」(イメージ・スワール)の技術を発展させて実現したそうです。

画像検索を利用するときには便利そうな機能です。
また画像を大切なコンテンツにしているサイトでは画像検索からのトラフィックが増えるかもしれませんね。

日本のGoogle画像検索への導入を楽しみに待ちましょう。

【参照ソース】

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google画像検索で、被写体のカテゴリごとに画像を分類可能に

Comments

  1. By on

    いつも、勉強させていただいております。
    海外のにゅーすは、入ってきにくいため、とっても参考にし
    今後のWEB業界の動向をさぐらせていただいております。

    最近、動画をはるブログやサイトも目立ち始め、
    友人のブログ(ウェブサイトURL)にも動画をはるように
    なりましたが、どうも動画の閲覧再生がすくないらしいんです。
    ページには、100アクセスでも、再生は20どまり・・

    SEO的にも、動画は魅力的なツールだと思うのですが、
    日本ではまだ、動画にたいする認知度というか、敷居がたかいと
    分析するのは、妥当でしょうか?

    今度、友人には動画コンテンツの充実してはどうかと、
    お勧めしたので、アクセス数が気になりまして、
    コメントをかきました。

    インターネット白書とかで、わかるものであればいいのですが・・
    いまいち想像しがたかったのと、スマートフォンの誕生で
    ますますみたいだとちょっと・・と思いまして。。

    ざっくりでもかまいませんので、鈴木様の見解を
    教えていただけるとさいわいです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    質問されていることの論点がくっきりしていないので答えも曖昧になってしまいますが、動画は使い方によってはサイトのプロモーションにもコンバージョンアップにも役立ちますよ。
    ただ単に動画を掲載すればそれだけでいいというものではありません。
    少なくとも「動画⇒SEOに効果的」とストレートには結びつきません。

▲ページの一番上に戻る