[レベル: 初〜中級]

Googleは、ローカル検索での検索順位を上げるための改善策を説明したヘルプ記事を更新しました。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

次の2つについて説明しています。

  • Googleマイビジネスの登録情報
  • ローカル検索のランキング要因

Googleマイビジネスの情報登録

このセクションは新しく追加されました。

Google マイビジネスの管理画面に最新のビジネス情報を入力すると、ローカル検索結果の掲載順位が改善し、Google 検索や Google マップで効果的にビジネスを宣伝できます。

より多くの情報を最新の状態でGoogleマイビジネスに登録することをまず推奨しています。
こうすることで、ローカル検索結果での表示機会を増やすことができます。

具体的な施策として5項目を挙げています。

  • 詳細なデータを入力
  • ビジネスのオーナー確認
  • 営業時間の情報を正確に保つ
  • クチコミの管理と返信
  • 写真を追加

より多くの情報をGoogleマイビジネス経由でGoogleに伝えておけば、あなたのビジネスのことをGoogleが把握する手助けになります。
Googleマイビジネス登録されている情報から判断して、検索結果に含めるかもしれないし、より上位に表示するかもしれません。

それぞれの詳細な説明はヘルプ記事を参照してください。

ローカル検索のランキング要因

次に、ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組みを説明しています。

このセクションは以前から存在しました。
ほとんど同じですが、若干の変更があります。

ローカル検索結果の順位決定には次の3つの要因が大きくかかわってきます。

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

関連性

関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

ウェブ検索と同様にローカル検索でも関連性は当然重要です。
「喫茶店」の検索で「クリーニング店」の結果が表示されることはありえません。

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

検索ユーザーがいる物理的な場所も重要なランキング要因の1つです。
スマホからの検索はもちろんのこと、現在はPCからの検索であっても居場所はローカル検索に大きく影響してきます。
またローカルパック結果とウェブ検索結果の両方に距離は影響します。
通称ヴェニスアップデートからの変化でしたね。

新宿で「喫茶店」と検索した結果と、札幌で「喫茶店」と検索した場合とでは、スマホでもPCでもパック結果とウェブ結果のどちらも検索結果は異なります。

なお距離による影響はパーソナライズ検索ではないので、無効化することはできません。
場所が関係してくるクエリでは、通常は必ず検索結果に影響してきます。

知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

知名度のセクションに若干の変更が加えられました。
とはいえ、大意では変わっていません。

「オフラインでの有名さ」が関わってきます。
大都市で「喫茶店」で検索したら、近所の人がもっぱら訪れるような小さな個人経営の喫茶店よりもスタバが優先して表示されそうです。

次の2つの要素も検索結果を決める要因になっているとのことです。

  • ウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)
  • Google でのクチコミ数とスコア

知られていたことではありますが、公式ページではっきり書かれると気持ちがいいですね。(笑)

次の一文も、こんなこと書いていいの?とこちらが心配になってしまいます。

ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます

もっともここでいうSEOの手法とは、「適切なページタイトルを付ける」や「適切なアンカーテキストを書こう」、「質の高いコンテンツを提供する」のように、SEOスターターガイドに書いてあるようなことを意味しているのでしょう。

ローカル検索の最適化にはほかにもやれることはありますが、ヘルプ記事に書かれていることはどれも基本かつ重要です。

実践するのが難しいことは少ないはずです。
今すぐできることも多いのではないでしょうか。

あなたがローカルビジネスを営んでいるのであれば、1つ1つ確実にこなしていきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ローカル検索で上位表示する方法をGoogleが公開 ―― ビジネス情報・関連性・距離・知名度

Comments

  1. By はるか on

    ビジネスを行っているWeb担当者にとっては
    とっても嬉しい情報ではないでしょうか。

    位置が重要なビジネスには、距離の考慮が必要になりますが。
    ウェブマスターフォーラムの質問であった、
    全国的に展開しているビジネス(支店などではなく商品)の場合は、
    ローカライズがどのように影響してくるのか分からない部分があります。

    エキスパートが答えていた単に「その地域によるクエリの強さ」だけになるのでしょうか。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    > 全国的に展開しているビジネス(支店などではなく商品)の場合は、

    これはなかなかやっかいで、僕も相談されたことがあります。
    titleタグや構造化データなどで、特定の地域に結びついていないことを示すシグナルを送ることくらいしか対処を思い付きませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る