日Yahoo!傘下のオーバーチュアは、「インタレストマッチ」という「興味関心連動型広告」の展開を始めています。

オーバーチュアの説明によれば、インタレストマッチ広告とは次のような広告です。

「現在見ているページの内容」「過去に見たページの内容」「検索したことのあるキーワード」を総合的に判断して、それらに関連した広告を表示します。

ぜんぜん儲からないYahoo!ウェブオーナーセンター(このブログは1年かけて、やっと3,000円を超えました)にも、インタレストマッチが導入されています。

連動型広告といえば、Google AdSenseが真っ先に思い浮かびます。
Google AdSenseは「コンテンツ連動広告」で、ページのコンテンツに関連した広告を表示するのは、よくご存知のとおりです。

ところが、Google AdSenseも「インタレストマッチ」のように過去のWeb閲覧の履歴を見て、それに合った広告を表示しているらしいのです。

WebmasterWorldのメンバーが、AdSenseが掲載されているページではなく、それまでに訪問したサイトや読んだメールのコンテンツに関連する広告が表示されていることに気づき、どうなっているのかと質問を投稿しました。

次のようなレスが返っています。

Google had been doing that for quite a while. They offer adverts based on the history of your browser.

“Googleは、かなり長いことそういうことをやっている。ブラウザの履歴に基づいて広告を提供している。”

Yeah, this is not new, I’ve seen this for many months, maybe a year or more. They know a lot about your browsing habits.

“そのとおり、これは新しくはない。俺は、もう何ヶ月、ひょっとしたら1年あるいはもっと長い間、これを見ている。Googleは、ユーザーのウェブ閲覧の傾向を知っているんだ。”

僕自身、Google AdSenseが「コンテンツターゲット」以外に「ヒストリーターゲット」で広告を配信していたのは、まったく知りませんでした。

たまにおかしな広告が出ているなと感じることがあるのは、これが原因でしょうか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdSense › Google AdSenseがインタレストマッチ広告を配信?

▲ページの一番上に戻る