[レベル: 中級]

「URL 検査ツール (URL Inspection Tool)」 という機能を、ベータ版が公開されている新しい Search Console に Google は追加しました。
URL の詳細なインデックス登録状況を URL 検索ツールはレポートしてくれます。

Google のインデックスに登録されたページの情報を表示

URL 検索ツールは、検査した URL の Google での登録状況をレポートします。
URL が Google に正常にインデックスされているか、されていない場合はどのような原因によるものかの情報が手に入ります。

URL 検査ツールの検証結果
※画像は金谷さんのツイートより

具体的には次のような内容をレポートします。

  • URL が Google に登録されていない
  • URL が Google に登録されているが問題がある
  • URL が Google に登録されていない。インデックス登録エラー
  • URL が Google に登録されていない
  • URL が代替バージョン

それぞれの状態の意味と対処方法はヘルプで詳しく説明されています。

URL 検査ツールは、インデックスの登録状況のほか次の情報も提供します。

  • インデックス カバレッジ
  • AMP および リッチリザルト(該当する場合。リッチリザルトは現在は「求人情報」と「レシピ」の2つ)

数週間かけて展開

さっそく URL 検索ツールを使ってみたいところですが、全ユーザーに展開するまでには1〜2週間程度かかるそうです。
僕自身はまだ使えていません。

金谷さんによれば、URL 検査ツールが実装されると「URL を検査」という検索ボックス出てくるとのことです。

URL を検査

URL 検査ツールを使うと、管理しているサイトの個々のページのインデックス状況をさらに細やかに分析することができそうです。
自分のプロパティで使えるようになるのが待ち遠しいですね。

それまでは、公式アナウンスヘルプ記事で予習しておきましょう。
公式アナウンスの日本語版は準備中とのことですが、ヘルプは日本語版がすでに提供されています。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › 新Search Consoleに「URL検査ツール」が追加、Googleのインデックス状況を詳細にレポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る