Gmailの502エラー

1月の末日に、人為的なミスでGoogle検索でSERPに表示されたすべてのWebページにアクセスできないという、大障害が世界規模で発生したのは記憶に新しいところです。

今度は、Gmailに障害が発生して、まったくアクセスできなくなりました。
Gmailにアクセスを試みると502エラーが発生して、キャプチャのようなページが表示されました。
こちらも全世界で発生した不具合です。
日本時間の24日18:30から2時間30分間ほど続きました。

現在は復旧しています。

Googleの公式ブログでのアナウンスはこちらです。

無事復旧したものの、日本では夕方から夜にかけての時間だったので影響を受けた人が多かったのではないでしょうか。

Gmailにアクセスできない不具合は、2008年の8月にも発生しています。

何が原因で障害が発生していたのか詳細は分かりませんが、もしGmailのデータがすべて吹っ飛んだとしたら・・・、Googleアカウントのロックアウト同様、考えるだけで凍りつくような恐怖です。

少しでも恐怖を和らげるために、GmailのデータをローカルのPCにバックアップできるソフトを紹介します。

MailStore Home

MailStore Homeというフリーソフトです。

Windows 2000/XP/2003/Vistaにインストールできて、Gmailの他には、OutlookやWindows Mailはもちろんのこと、POP3やIMAP4に対応しているメールシステムのアーカイブが可能です。
Yahoo!メールもサポートしています。

バックアップしたデータをCDに焼く機能も備えています。

インターフェイスが英語なので使い方が分からなければ、「MailStore Home」で検索するといいでしょう。

バックアップするメールの容量が大きいと、アーカイブに時間がかかる点には気をつけてください。

ローカルPCのハードディスクのバックアップも忘れずに。
データを保存したHDDが逝ってしまったら意味がありませんので。
(というか、Gmailがなくなる以上の損害ですね)

Gmailの利用を含めて、Google依存から抜け出すことはまず不可能ですから、可能な限りの対応策を準備しておきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 今度はGmailが壊れた – もしものときのためのGmailバックアップソフト

▲ページの一番上に戻る