Googleウェブマスターツールの“Fetch as Googlebot”ツールが、試験運用を卒業して正式な機能として実装されました。

「Labs」セクションから「診断」セクションに移動しています。

Fetch as Googlebot

Fetch as Googlebotを使うと、Googlebotが実際にウェブページのHTMLをどのように読み取っているかを調査することができます。

インデックス状況がおかしいとかクラッキングを受けてページを改ざんされた可能性があるとか、そんな状況での診断に役立ちます。
頻繁に利用するツールではないと思いますが、ウェブマスターとして使い方と見方を理解しておくのが望ましいです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Googleウェブマスターツールの“Fetch as Googlebot”が正式機能に格上げ

▲ページの一番上に戻る