[レベル: 中級]

世界で最も大きいECサイトの1つ、eBayAMP対応を始めました。
eBayは、モバイル体験の向上に今年は注力しており、さらなる向上のために、”高速”がウリのAMPを利用することになりました。

eBayのAMP化にはGoogleも力を貸しています。

商品一覧ページをAMP化

eBayがAMP化したのは、商品一覧ページです。
個別プロダクトの詳細ページではありません。

なぜなら、商品一覧ページは”見る”だけの静的なコンテンツで構成できるからです。
通常、詳細ページには「カートに追加」のようにユーザーによるアクションを伴う要素が含まれており現状のAMPには向きません。

「静的で、キャッシュで提供できる」コンテンツにAMPは向いているという、GoogleのRudy Galfiによる説明をSMXのセッションレポートとしておととい紹介しましたね。

また、商品一覧ページでは、サイドバーカルーセルライトボックスといったAMPのコンポーネントを便利に利用できます。

こちらは、AMP化したeBayの商品一覧ページです(URLに amp が含まれている)。
AMP化したカメラ付きドローンの一覧ページです。
eBayのカメラ付きドローンのAMP一覧ページ

AMP化したプレイステーションの一覧ページです。
eBayのプレイステーションのAMP一覧ページ

Googleが公開しているAMP CDNには、ドローン ページプレイステーション ページ共にきちんとキャッシュされています。
キャッシュから返されると、やはり速いです。

eBayでは現在、800万のページがAMP化を完了しているとのことです。

ECサイトAMP化の課題

eBayはECサイトとして先んじてAMP化したものの、解決すべき課題はまだまだ多いようです。

まず既存のインフラを構成しているコンポーネントとの調整に苦労したようです。
今後解決すべき課題としては、次のようなことを挙げています。

  • 「カートに追加」やユーザー認証などのユーザーアクションへの対応
  • サイト内検索やチェックボックスなどユーザーによる入力要素への対応
  • 高度なアクセス解析
  • A/Bテスト

またワシントン・ポストが実践したような、Service WorkerによるAMPページから通常ページヘシームレスにユーザーが移動できるようにすることも考えているとのことです。

検索結果のどこにいつ出てくる?

商品一覧ページといえど、ECサイトであるeBayがGoogleの協力のもとにAMP対応しました。
モバイル検索結果には、いつ頃、どのように表示されるのでしょうか?

これは関してはまったく不明です。

Googleが協力しているとはいえ、eBayが自分たちで始めた試験的な試みです。
どうなるかはわかりません。
うまくいけば、eBay以外のECサイトでの検証が始まるのかもしれません。

表示形態としては、トップニュースやレシピがそうであるように、「ショッピング」の専用カルーセルで表示されるのではないかと個人的に予想します。

いずれにしても、eBayのAMP対応が成功すれば、ECサイトにとっては嬉しいニュースになりますね。
新しい情報が入ったらブログでまたお伝えします。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › 次のAMPはECサイトの商品一覧ページか? Googleの協力のもとeBayがAMP対応の実験を開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る