[レベル: 上級]

この記事では、あなたが発行したAMP対応ページが、AMPプロジェクトが公開しているAMP CDNにキャッシュされているかどうかを調べる方法を説明します。

AMPキャッシュのURL

調べ方は簡単です。
キャッシュのURLをたたくだけです。

オリジナルのAMPページのURLが httpshttp かで微妙に異なります。

HTTPSの場合

HTTPSでAMPコンテンツを公開しているときは、次のURLにアクセスします。
https://cdn.ampproject.org/c/s/www.example.com/blog/amp/hoge.html

www.example.com/blog/amp/hoge.html」の部分は、https:// を取り除いたAMPページのURLです。

AMP CDNにキャッシュされている僕のブログのAMP記事です。

AMPページのキャッシュ

キャッシュされている記事のURLです。

AMPキャッシュされている記事のURL

HTTPの場合

一方、HTTPでAMPコンテンツを公開しているときは、次のURLにアクセスします。

https://cdn.ampproject.org/c/www.example.com/blog/amp/hoge.html

HTTPSのときは、c/s/ でしたがHTTPでは c/ だけになります(s はhttps の s を意味しているのかな)。

AMPページのキャッシュ

AMPキャッシュされている記事のURL

そもそもAMP CDNにキャッシュされていないと、Google検索のAMPカルーセルには掲載されないはずです。
公開したAMPページがきちんとキャッシュされているかどうかを調べるときに利用してみてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › AMPページがAMP CDNにキャッシュされているかどうかを調べる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る