Googleはドメインの年齢を見ているように、ウェブページの年齢も見ているのはほぼ間違いないと思われます。

ドメインは、歴史が長ければ長いほど評価が高いようですが、ウェブページの場合はどうなのでしょう。

ドメインエイジと同様に、信頼度のある「年代物」を評価するのでしょうか?
それとも、より最新の情報を提供するために「できたて」を評価するのでしょうか?

Googleは、今年の3月に”Information retrieval based on historical data“というPatent(パテント:特許)を取得し、歴史的なデータが検索ランキングに影響を与える仕組みを述べています。


サーチエンジンは、ドキュメント(ウェブページ)の年齢と、そのページの被リンクと発リンクの年齢を認識します。

ランキングに影響を与えるのは、ドキュメントとリンクの年齢です。

ドキュメントの年齢を判断するために、次のような情報を利用することができます。

  • サーチエンジンが最初にクロールしたとき
  • サーチエンジンに最初に登録したとき
  • サーチエンジンが最初にドキュメントに張られたリンクを発見したとき
  • ドメインが登録されたとき
  • ウェブページが別のページで参照されたとき
  • ドキュメントが一定のページ数に達したとき
  • サーバーにあるドキュメントのタイムスタンプ

年齢情報を考慮しないリンクベースのランキングシステムの下では、リンクの少ないウェブページはリンクの多いウェブページよりも順位が低くなります。

しかし、年齢情報を考慮するシステムの下では、リンクの少ないページは新しいページだとみなされても、リンクの増加率が上回っていると判断されれば、もっと多くのリンクを持つ古いページよりも上位にランキングされることがありえます。

ただし、短期間での急激なリンクの増加はスパムのサインとして認識される可能性もあります。

古いドキュメントが、新しいドキュメントよりも好まれる場合があります。
検索結果に出るべき情報が、すでに確立されている場合などです。

検索結果に現れる他のページの平均低な年齢と比較したときの違いが、順位に影響を与えます。

たとえば検索結果に古いページばかりが並ぶとき、新しく作られたページはマイナスの評価を受けるかもしれません。

既存のドキュメントが、ユーザーが求めている情報をすでに十分に提供しているという判断からでしょう。


Googleは、このパテント以降もページの新しさ(Freshness)を決定するためのパテントをいくつか取得しています。

また、「QDF(Quality Deserves Freshness)」というアルゴリズムも採用しています。

QDFでは、ユーザーの検索数やクリック率の動向、、ニュースやブログでの言及数などから、今注目されているホットなトピックと判断した場合、より新しい情報を優先的に提示します。

“ウェブページの「新しさ」と「古さ」はランキングに影響するのか?”と問われれば、答えは「YES」でしょう。

ただし、ウェブページの年齢がプラスに働くのかマイナスに働くのかは、状況により変わるので「古いほうがいい」「新しいほうがいい」と、一概に結論付けることはできないようです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ウェブページの「新しさ」と「古さ」はランキングに影響するのか

Comments

  1. By on

    >>リンクの増加率が上回っていると判断されれば
    これってどういう意味なんですか?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「リンクが増える率が高く、将来的にもっと多くのリンクを獲得すると予測されれば」ということです。
    言葉が足りませんでしたね。

  2. By on

    一概に古いページ=信頼度が高いページとは言えないと思いますが、
    クエリ量が急変しないキーワードについては、古いページの方が評価が
    高い気がします。(特にYahooにおいて)

    ただ、古いページだけのサイトでは高いサイト評価が維持されることは
    考えにくいので、混在した状態を保つことが重要なのかもしれません。

    新しいページを作成するたびに、毎回質の高いバックリンクが
    つくようなサイトを長期間運営できれば最強なのですが、
    そう簡単にはいきませんね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    サイト全体の評価を高めるという点では、新しいコンテンツの追加は必要でしょうね。

    「毎回質の高いバックリンク・・・」、はい、これが理想ですよね。
    でも、これがいちばん難しい?(笑)

▲ページの一番上に戻る