[レベル: 上級]

今月リリースされた Chrome 69 では、HTTPS ページのセキュリティ インジケータに「保護された通信」ラベルと https:// のスキームが表示されなくなりました。

HTTPS ページのラベルとスキームが非表示に

Chrome 68 までは HTTPS は次のように表示されていました。

保護された通信ラベルあり

「保護された通信」ラベルと https:// が URL に付いています。

Chrome 69 ではこのように変わりました。

保護された通信ラベルなし、https:// なし

次の変更点があります。

  • 「保護された通信」ラベルなし
  • https:// なし
  • 鍵アイコンの色が緑から黒へ
  • ドメイン名の www なし

鍵マークは残っているものの、ラベルもスキームもなくなりました。
さらに色を黒に変えたため、いっそう目立たなくなった印象を受けます。

ウェブが HTTPS 通信で保護されているのは当然のことという理念のもとにラベルとスキームをセキュリティインジケータから Google は削除しました。
最終的には鍵マークもなくす予定です。

セキュリティ インジケータとは直接の関係はありませんが、www で始まるドメイン名の URL では www を表示しなくなりました。
これはどういう意図があるのでしょう?
これと関係しているのでしょうか?

なお、非 HTTPS ページに常に表示される「保護されてない通信」ラベルに関しては変更ありません。

保護されてない通信

また、10月にリリース予定の Chrome 70 では、非 HTTPS ページでフォーム入力すると、「保護されてない通信」ラベルが注意喚起のために赤色反転します。

「保護されていない通信」ラベルが赤色反転

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPSEOツール › 2018年9月リリースのChrome 69がHTTPSページの保護された通信ラベルを非表示に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る