下の検索結果ページ画像の「SERP1とSERP2」、「SERP3とSEPR4」はまったく一緒に見えます。

でも、微妙に違っています。

どこが違うか分かりますか?

▼SERP1
SEPR1

▼SERP2
SEPR2

▼SERP3
SEPR3

▼SERP4
SEPR4

見つかりましたか?

答えが分かった人は、こちらまで。
正解者には抽選で・・・。

いえ冗談です。(笑)

SERP1とSERP2の違いは、1位表示ページの周りの余白です。
SERP2の方が、広く取られています。

SERP3とSERP4の違いは、プラスボックスの「+」マークの太さです。
SERP4の方が、太くなっています。

これは、間違い探しゲームでもなんでもなく、Googleが行ったユーザーエクスペリエンスを高めるためのテストなんです。

普通に検索していたら、絶対に気づかないですね。

このようなテストをしてデータを集めることで、より見やすく、使い勝手のよい検索サービスを提供するのがGoogleの狙いです。

このほかには「stemming(ステミング)」もテストしています。
「stemming(stem)」とは、名詞の単数形・複数形や動詞の活用形の違いを取り除いてそろえることです。

下の図は、「hp printer dirivers(ヒューレットパッカード社のプリンタ ドライバ)」の検索結果です。

SEPRS5

「drivers」と複数形で検索しても、単数形の「driver」が太文字表示されます。

他には、たとえばswimを検索してもとswims,swimming,swimerなども同じ意味として判断し、強調表示します。

stemmingは同じ単語から派生した単語の違いを取り除きます。
一方で、同じ意味を表す単語の「synonym(シノニム:同意語・類義語)」の強調表示も実験しているようです。

たとえば、”home”と”house”はsynomymです。

stemmingを正確に実行するのは日本語ではなかなか難しそうですが、synonymが本格化したらキーワードの使い方にも要注意ですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › グーグル間違い探しゲーム

▲ページの一番上に戻る