画面をスクロールしなくても見える範囲、専門用語で言う”Above the fold”(アバブ・ザ・フォールド)という領域には、ユーザーにもっとも見てもらいたいパーツを置くのが鉄則です。

例えば「問い合わせボタン」を、Above the foldに置くか置かないかでコンバージョン率が何倍も変わってくることがあります。

もともと、”Above the fold”は折りたたんだ新聞の「上半分」を意味します。
しかし、ブラウザには明確な「上半分」の区切りはありません。

モニタのサイズ、ウィンドウの大きさ、ツールバーの有無によって、ユーザーごとにAbove the foldのエリアは変化してきます。

あなたが見ているAbove the foldと、ユーザーが見ているAbove the foldは、同じではありません。

そこでGoogleが面白いツールを試験公開してくれました。

Browser Size”というツールです。

指定したページのどの範囲までを何%のユーザーが見えているかを、可視化してくれます。

Browser Sizeツールで見たwww.suzukikenichi.com/blog

見方に少々戸惑うかもしれませんね。

99%、98%、95%…というように、色分けされています。

「それぞれのパーセンテージのユーザーが、スクロールすることなくその範囲までを見ている」と解釈してください。

縦横の数字はピクセルです。

アナウンスによるとBrowser Sizeは、Google.comに訪問したユーザーのデータをサンプルにしてシミュレーションしているそうです。

ブラウザのウィンドウサイズやツールバー、またウィンドウの大きさによってページを可変するサイトなどの状況は考慮されていません。

よって数字は完全なものではありません。
しかし、それでも大いに参考になりそうです。

あなたのサイトのページにある重要パーツは、何%のユーザーに見えていますか?
申し込みボタンや登録ボタンなどの”Call to Action”要素は、きちんと見てもらえていますか?

あなたの大きなディスプレイでは見えていても、訪問者には見えていないかもしれませんよ。
場合によっては、レイアウト設計の見直しも検討してください。

ただし、Above the Foldにあったからといっても、それだけで十分ではありません。

配置、色、大きさ、他の要素との関係などによって、訪問者の視線を引くかどうかは変化してきます。

www.suzukikenichi.com/blogトップページのヒートマップ
Generated by AttentionWizard.com

また、Above the Foldにあれもこれもと欲張って配置するのは、ゴチャゴチャになってしまいかえって逆効果です。

Less Is More”(「より少なく」 が 「よりたくさん」 を作り出す)も忘れてはいけません。

Above the Foldになくても、スクロールさせてページの下を見せるテクニックはあります。

上位表示のSEOも大切ですが、2010年は成約率を上げるための”CRO(Conversion Rate Optimization)”の年になるとSEOmozのRand Fishkin(ランド・フィッシュキン)氏は予測しています。

機械の検索エンジン相手に、順位チェックツールでランキングばかり追いかけていないで、人間のユーザー相手に、使いやすいサイト作りにも目を向けましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPUX・IA・CRO・EFO › あなたのページはどこまで見えてる? Google Browser Sizeツールで調べよう

▲ページの一番上に戻る