Google AdSenseに関する久々のエントリです。

Googleは、AdSense広告ユーザーが検索に使用したキーワードもどんなAdSense広告を表示させるかを選ぶ要素に加えるようになったとInside AdSenseブログで公式アナウンスしました。

一般的なブラウザはリンクをクリックして別のページに移動するときに、「リファラー(Referer)」という参照元ページの情報を送信します。

「どこからやって来たか」を伝えるわけですね。

検索結果に現れたリンクをクリックしてウェブページにアクセスするときのリファラーには、検索キーワードの情報が含まれています。

たとえば、google.comで”golf shop atlanta”を検索して検索結果に出てきたページにアクセスすると、リファラーは”http://www.google.com/search?q=golf+shop+atlanta”となります(通常はその他のパラメータも付きます。また日本語の検索では検索キーワードはUTF-8でエンコードされます。)。

“q=”の後に続く”golf+shop+atlanta”が検索キーワードで、AdSenseはこれを見るのです。

結果としてアトランタにあるゴルフショップの広告を配信するかもしれません。

リファラーの検索キーワード情報は数時間Cookieに保存され、再利用されるそうです。

たとえばその後ゴルフとはまったく関係のないニュースサイトに訪問し、そのサイトがAdSenseを配信していたら、コンテンツに関係なくゴルフ関連のAdSense広告を表示させることもあり得ます。

リファラーに含まれるキーワードの利用は、Google検索だけではなくYahoo!やBingなど他の検索エンジンからのアクセスにも適用されます。

興味 / 関心に基づく広告」とともに閲覧者にマッチした広告を配信することでクリックを促し、僕たちの収益が上がるといいですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

Sponsored Links

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

Comments

  1. By 高村俊隆 on

    なるほどです。

    「アドセンスの収益が数年前の数分の一に減った」
    と嘆いているウェブマスターがいましたが、
    これはそういう方達にとっても朗報ですね。

    さすがはgoogleですね。
    ウェブマスターの収益を考えることは、
    広告主の収益を上げることでもありますからね。
    今回も貴重な情報ありがとうざいました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    「アドセンスの収益が数年前の数分の一に減った」

    最近、再び減ったという声を国内外で聞きます。
    それでも、GoogleはAdSense発行者に6,7割を支払っているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る