・メルマガ #47(2007/03/10発行)のバックナンバー

今日は、AdSenseで真剣に稼ぐ人のためのテクニックです。

そのテクニックとは、これ↓です。

▼▼▼ ここから ▼▼▼

<script type="text/javascript">
var random_number = Math.random();
if (random_number < .5){ アドセンスコードA } else { アドセンスコードB } </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"></script>

▲▲▲ ここまで ▲▲▲

さあ、これは何でしょう?

って、それはみなさんが聞きたいことですね。(笑)

これはですね、
「2種類のアドセンス広告を、半々の割合でランダムに表示させる」ためのスクリプトです。

何のために使うのかって?

よりCTR(クリック率)の高いアドセンス広告を、見つけ出すのに使います。

アドセンスを貼るときに悩むことがありますよね。

「配色は、どっちがいいだろう?」
「サイトに馴染ませる? それとも目立たせる?」

とか、

「フォーマットはどうしよう?」
「レクタングル? それともバナー?」

とかね。

AdSenseで、高い収益を上げている人はより効果的なフォーマット、配色、配置を探すために繰り返しテストして、検証します。

今日から1週間は、背景がホワイトのレクタングル、その次の週は、背景がオレンジのレクタングル、次の次の週は、背景がホワイトのバナー、などなど。

全部手作業で、アドセンスコードを入れ替えます。
これって、かなり面倒です。
でも、そこまで徹底してこそ収益が上がってくるんですね。

わかっちゃいるけど、手間がかかりすぎるから、やってないという人が大半でしょう。

そこで登場するのが、今日教えたスクリプトです。

「アドセンスコードA」と「アドセンスコードB」の場所に、比較したいアドセンス広告のコード(<script>で始まって</script>で終わる部分)を
代入します。

それぞれのコードには、必ずチャネルを設定してください。
(↑、これ必須ね)

そして、AとBの2つのアドセンスコードを含んだコード全体をアドセンスを表示したい場所に挿入します。

そうすると、アドセンスAとアドセンスBが半々の割合でランダムに表示されます。

1週間くらいしたら、チャネルでどっちのCTRがより高いかを調べて、勝ったほうに固定すればいいわけです。

コツは、ひとつの特徴だけを変えること。
「リンクの色だけ」とか「フォーマットの種類だけ」とか。

あれもこれもと欲張って、2つをまったく違うものにしてはいけません。

比較対象を1つに絞ることで、何が決め手になるか判断できますよね。
「リンクはやっぱり認識されやすい青がいい」とか、「この場所は、レクタングルよりバナーがいい」とか。

分かります?

で、ひょっとしたら、ここまで読んで、あることを心配する人がいるかもしれません。

「アドセンスのコードって、勝手にいじっちゃいけないんじゃないの?」
「ポリシーに違反してないの?」

ん?、アドセンス通ですね。(笑)

実は、これをやっているのがGoogleにばれると「問答無用で即刻、アカウント停止」・・・

には、なりません。

だってこれ、Googleが公式に公開しているテクニックで、しかも推奨してますから。

アドセンスを最適化するのに利用しましょう。
安心してお試しあれ!

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdSense › AdSense A/B Split Testing

▲ページの一番上に戻る