急激な被リンクの増加はスパムとして認識されるのかどうかについて書いたことがあります。

「1日に数千?数万の単位で増やす」という“つわもの”(≒怖いもの知らずw)からのコメントもありました。

そちらの記事では、Yahooが取得したPatent(パテント:特許)を元に解説しましたが、Googleも短期間でのバックリンクの増加についてパテントで触れています。

Information retrieval based on historical data

Consider the example of a document with an inception date of yesterday that is referenced by 10 back links. This document may be scored higher by search engine 125 than a document with an inception date of 10 years ago that is referenced by 100 back links because the rate of link growth for the former is relatively higher than the latter. While a spiky rate of growth in the number of back links may be a factor used by search engine 125 to score documents, it may also signal an attempt to spam search engine 125. Accordingly, in this situation, search engine 125 may actually lower the score of a document(s) to reduce the effect of spamming.

“昨日作成されて、10本のバックリンクで参照されたドキュメントを例にして、考察してみる。このドキュメントは、10年前に作成されて100本のバックリンクで参照されたドキュメントよりも高くスコア付けされうる。なぜなら、前者のリンクの増加率は、後者よりも相対的に高いからだ。突出した割合でのバックリンク数の増加は、サーチエンジンがドキュメントにスコア付けする要因として利用される、一方でそれはサーチエンジンスパムの試みの兆候にもなりえる。したがって、この状況ではサーチエンジンは、スパム行為の効果を減少させるために、ドキュメントのスコアを実際に低減するかもしれない。”

短期間のうちにバックリンクが集まるのは評価の対象にはなるけれども、反対にスパムとして認識される可能性もあるということです。

これは、特に新しいドメインで、コンテンツの乏しいウェブページに当てはまるようです。

確かに取得したばかりでしかも中身のないページに、急激にリンクが集まったら不自然ですよね。

増加の割合をどうやって算出するかの計算は、パテントでは詳しくは触れられていないようです。
これがいちばん気になるところなんですけどね。

急激な被リンク増加が効果的か危険かは、やはり状況によって変わるので、どちらが良いか悪いかはひとくくりにはできません。

ひとつ言えそうなことは、新規に立ち上げたサイトへのリンク一気張りは、たとえ検索結果トップに躍り出たとしてもすぐに下がる可能性が高いということです。

どこぞやの一発芸人のように。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › リンクの一気張りは、やはり危険かも

Comments

  1. By on

    いつも勉強させていただいています。
    このリンク大量設置に対する対策がとられていないと、検索結果がえらい事になりますものね。
    こういったソースがあると安心します。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「特許」なので、どこまで実装されているかは分からないのですが、作為的に順位を上げようとするSEOスパム対策としては利用されていそうです。

  2. By on

    つわものの、CoolWebです。(笑)
    一口に被リンクといっても、
    1 メインサイトの内部リンク
    2 サブドメインからの被リンク
    3 管理者ブログ?等からの被リンク
    4 全く関係ないコンテンツからの被リンク
    5 リンク集からの被リンク
    等があり、正確に分類しないと判断を誤ります。

    また、大量の被リンクが害を及ぼすのであれば、競合他社に外部から被リンクを大量に行うことで、検索順位を下げることが可能となります。
    ※問題は被リンクの数と時間ですが…………….

    また、被リンクを広告という点からも考察しなければなりません。

    ですので、私の個人的な見解としては、数万程度の被リンクは、広告の範疇に入り、さしたる害にならないのではないかと思っています。実際に88万リンクを出しましたが、Googleでは検索結果に影響を及ぼしませんでした。Yahooは………………..秘密(爆)

    というように、検索エンジンによっても扱いが違います。
    ご参考まで。

    PS
    では、どの程度の数の被リンク増がGoogle検索結果に影響を及ぼすか?ということで、
    経験的に、500?1000程度の被リンク増は、明らかに検索結果に好影響を及ぼしました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    最近、まともなコメントが多いですね。(笑)

    また、大量の被リンクが害を及ぼすのであれば、競合他社に外部から被リンクを大量に行うことで、検索順位を下げることが可能となります。

    これも議論になってますね。
    Googleは否定してますが、粗悪なリンクでライバルサイトにダメージを与えるGoogle Bowlingの存在を主張する人もいます。

    実際に88万リンクを出しましたが、Googleでは検索結果に影響を及ぼしませんでした。

    これは実際には、何割がGoogleに被リンクとして認識されているのですか?
    リンクを張っても、Googleに検出されなければリンクとしての価値がないですよね。
    Google ウェブマスターツールでは、88万リンク中、何本が外部リンクとして表示されたのですか?

  3. By on

    CoolWebです。
    実際にバックリンクとして確認した件数は200件です。
    それが、数ヵ月後には、消えていました。
    バックリンクとしての存命期間は3?4ヶ月というところでしょうか?

    ※実は、これには、理由があって、あえて、スパム判定されるであろう、危険な形でのリンクを行ったからです。理由は、スパム判定できるかどうかの判別&ペナルティーの発動はあるか?です。結果、Googleは判別でき、Yahooは長い間判別できない、両者ともペナルティーの発動なし、という結論になりました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    実際にバックリンクとして確認した件数は200件です。

    リンクを張ってからの期間はどのくらいですか?
    3日間で200本が認識されたのと、3週間で200本が認識されたのでは、増加率が異なってきますよね。

    結果、Googleは判別でき、Yahooは長い間判別できない、両者ともペナルティーの発動なし、という結論になりました。

    ほかにも、既存のリンクの数や、これまでの増加傾向、ドメインの年齢など、さまざまな要素があるのでこのように判断するのには、情報が足りていない気がします。

  4. By on

    CoolWebです。
    1 十分な情報が入手可能で、且つ、分析に値する内容であれば、行いますが…….
    2 仮に何かしらの答えが出ても、目的達成の手段になり得ないのであれば、分析の価値なしという判断です。
    3 費用対効果の側面から、他に選択肢がないのであれば行います。現状、他に有効な選択肢があり、そちらの有効利用が優先されています。

    以上

  5. By on

    あ、この話題、僕もコメントしないといけませんよね(爆)

    非リンクの数だけではなんとも言えないということは皆さんご理解されていると思いますので、
    それは前提として考えておいて頂いた上で、
    実際に僕が実験した例をひとつ挙げますね。

    時期的には去年の2月ごろになりますが、
    5ページ程度のペラサイトをたくさん作って、
    それぞれに1ヶ月で500程度の外部リンクを付けました。
    そのうち、Googleに認識されているものは100程度、
    Yahooはほぼすべて認識しているリンクでした。

    結果、3ヶ月?半年くらいはYahoo、Googleともに上位表示されていましたが、
    1年後にはほぼすべて消えました(^^;)

    ただ、その中にはペラではなくて、
    内容を充実させていったものもあり、
    そういったものは順位の低下がなく、
    むしろ時間とともに安定した好位置をキープするようになっています。

    ですので、以前にもどこかで書きましたが、
    検索からぶっ飛ぶのはやはりリンクだけでなく、
    作ったサイトの内容次第だと思っています。

    どこぞの塾が薦めていた
    人のページをリライトしてペラサイトを量産して・・・とかいうやつ、
    今どのくらいのサイト(ブログ?)が生き残っているんでしょうかね?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    作ったサイトの内容次第だと思っています。

    リンクが急激に増えるに値するコンテンツを持つウェブページなら、リンクが集まるのは正当だと評価されるということですね。

    自然な考え方です。

    どうやってGoogleがコンテンツの充実度を判断するのか、知りたいものです。

  6. By on

    CoolWebです。

    論点は、
    「急激な被リンクの増加はスパムとして認識されるのかどうか」

    結論は
    「場合による」

    PS
    良質なサイトが上位表示されるなら問題はないのですが…………..

    >「作ったサイトの内容次第だと思っています。」
    確かに、内容だと思います。
    然しながら、内容のないサイトが上位に表示されている事も事実です。
    そこが問題なのです。
    内容と一口に言っても漠然としています。
    意外に釈然としないサイトが上位の場合があります。
    10ページのコンテンツのサイトと1000ページのコンテンツのサイトでは、どちらが内容があるか?当然1000ページですよね。
    ところが10ページのサイトが上位にあるんです。
    おかしいでしょ?
    という事は、リンク以外考えられない事になります。
    で、
    「急激な被リンクの増加はスパムとして認識されるのかどうか」
    「場合による」
    で、
    「費用対効果の高いリンクは?」
    ってことになるわけで……………………

    PS
    ちなみに、4ドメインで、各サイトが1万ページ以上あるサイトを相互リンクすると、yahoo,Google共に上位になっています。
    某カタログサイトですが……………….

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    10ページのコンテンツのサイトと1000ページのコンテンツのサイトでは、どちらが内容があるか?当然1000ページですよね。

    これも内容によるでしょう。

    どうでもいいことをグダグダと、しかも意味が分からない文体で書いてるサイトよりも、簡潔に的確なコンテンツで表現しているサイトの方が内容があって、ユーザーの役に立ちます。

    「ボリュームがある」=「内容がある」では、ないのでは?

    Wikipediaはボリュームがありますが、同時に内容も充実している(ことが多い)です。

▲ページの一番上に戻る