[対象: 中〜上級]

404ページが検索結果からすぐに消えない理由を説明したビデオの中で、Matt Cutts(マット・カッツ)氏が、404と410をGoogleは今でも同じように扱っているかどうかをクロールのチームに尋ねてみると話していました。

回答を得たようです。

404と410は同じとのマット・カッツのツイート

Q: 410の質問に答えてもらえましたか?

Matt Cutts: ああ。現状では404と410は同じ扱いだ。でも異なるように扱うべきか検討中とのことだ。

HTTPステータスコードでは、404は「Not found」(見つからない)、一方410は「Gone」(削除)で意味が違うのですがGoogleにとっては同じ扱いになってしまうんですね。

Googleの人の発言から、多少なりとも410の方が速く削除され再訪問の頻度が下がるのかとも期待していたものの今の時点ではそういうことはないようです。

ちょっと残念に思います。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › [続報] 404エラーと410エラーをGoogleは区別せず同じように扱う

▲ページの一番上に戻る