Google PageRank(グーグルページランク)の是非について、Webmasterworldのフォーラムで、熱い議論が交わされています。

事の発端は、フォーラムのモデレータである「tedstar」氏の発言です。

tedstarは、Googleはグーグルツールバーでのページランクの表示をやめるべきだと主張しました。
データが古いこと、バグが多いことはもちろんのこと、ページランクの指標が、さまざまな点でウェブの世界に悪影響をもたらしているというのです。

PR(PageRank)は、グーグルのPR(Public Relations)に過ぎないと皮肉たっぷりに述べています。

彼の意見に賛同するウェブマスターも、多くのコメントを残しました。

この発言に対し、ついに当事者のGoogleのAdam Lasnik氏が登場し、Google ToolbarのPageRank表示が本来の目的からそれて、乱用されている事実を認めながらも、依然としてその必要性を主張したのです。

そのうえで、ウェブマスターがどのような役割をツールバーのページランク指標に求めているかの意見を募りました。

ひょっとしたら、PageRankの目的やウェブ管理者への情報提供の形態が、今後変わるかもしれません。

すでに、PageRankの値に振り回される時代は終わっていますよね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › グーグルページランクは、もういらない

▲ページの一番上に戻る