8/22に、「アフィリエイトクローキング-アドレスを隠す方法」というタイトルで、ブラウザのアドレス欄のURLを偽る事例を、紹介しました。

今日はその解答をお伝えします。

クローキングしたウェブページを見てみましょう。

これは、いちばんシンプルな状態です。

http://www.suzukikenichi.com/cloaking/case1

まぐまぐのHPですが、タイトルは「【海外SEOアナリスト】鈴木謙一に乗っ取られた まぐまぐ」で、アドレスは「http://www.suzukikenichi.com/cloaking/case1」になっています。

別のページに移動しても同じままです。

では、HTMLのソースを見てみましょう。

IEの場合は、「表示」 ⇒ 「ソース」で確認できます。

何をやっているか分かりますか?

簡単に解説すると、フレームを使って本体の表示をゼロ、つまり見えなくしています。
フレームで指定されたまぐまぐのHPだけを見せるようにしているんですね。
src=http://www.mag2.com/」とあるのが、分かりますよね。

iframeを使っても同様のことができます。
一部のレンタルサーバー業者では、「フレーム転送」という名前のサービスで提供しています。

case1に少し手を加えたのがこれです。

http://www.suzukikenichi.com/cloaking/case2

見た目はまったく同じです。
ソースを見てください。

今度は、改行をなくして見づらくしています。
さらに、「http://www.mag2.com/」をUNICODEと呼ばれる形式で文字変換しています。

そして、極めつけが、この前見せたこれです。

http://www.suzukikenichi.com/cloaking/case3

ソースを見てください。
一見すると何も書いてないように見えますが、下にスクロールすると見えてきます。
これも、ソースを隠す手段の一つです。w

現れたソースを見ても、意味不明な文字の羅列です。

何をやっているかというと、実はHTMLのソースを“XOR”という方式で暗号化しているんです。

Javaスクリプトを使って暗号化し、ブラウザ(IE)に組み込まれているJavaスクリプトの機能で、複合化します。
元に戻ったHTMLのソースにしたがって、画面表示するというわけです。

なかなか手の込んだいたずらでしたね。(笑)

UNICODEへは、次のサイトで変換できます。
shadowCoder

HTMLの暗号化は、次のソフトを使いました。
「XORHTML」v1.0

もしあなたが興味を持ったなら、悪用せずに、有用な使い方を見つけてみてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › アフィリエイトクローキングの仕組み

Comments

  1. By on

    エントリー中で
    >さらに、「http://www.mag2.com/」をUNICODEと呼ばれる形式で文字変換しています。
    とありますが、これはUNICODEではなく エンティティコードと呼びます。

    割と良く使うと思う「&」 みたいな書き方と同じ形になります。

    余談でした!

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    これはUNICODEではなく エンティティコードと呼びます。

    そうなんですね。
    勉強になりました。
    ご指摘ありがとうございます。

    jakkさんは、プログラマさん?

  2. By on

    SEOのツール開発とか も するWeb屋(サイト作成やらサーバ構築やら)
    ってとこでしょうか。

    SEOの動向は毎日おっかけていますが、(このサイトは毎日みてますw)
    自分で、結果や分析をガンガンやって結果を出していくようなことはないので、
    SEO専門 ってわけではないです。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    IT全般に通じているんですね。
    これからもよろしくお願いします。

▲ページの一番上に戻る