[レベル: 初〜中級]

MacBookとiPhone

PC向けサイトを作らずにモバイル向けサイトだけでも(SEO的には)問題ないという記事を1週間前に投稿しました。

ただしこれは、モバイル向けサイトだけでも大丈夫ということであって、PC向けを持たない、モバイル向けだけのサイトの提供を推奨しているものでは決してありません。

「PC向けサイトを作る必要はない」と誤解してしまった人がいるようです。
僕の説明が不十分だったことにも原因があるかもしれないので、この記事で補足します。

モバイル向けサイトだけの提供は決して推奨ではない

モバイル向けサイトだけでも大丈夫という記事はそもそも、オフィスアワーでの質問に対するGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏からの回答をもとにして書いたものでした。

質問者は、現状ではモバイル向けサイトだけしか持っておらずPC向けサイトを持っていません。
この状態だとSEOにマイナスかどうかと質問しました。

この質問に対してミューラー氏は、「SEO的には問題ない。ただしPCからでも見られるようにしておくこと」と答えたのです。
モバイル向けサイトだけの提供を勧めたりは一切していません。

モバイル向けサイトだけの提供を勧めたように誤解されてしまったとミューラー氏も悟ったのでしょう。
次のようなコメントをGoogle+に投稿しています。

 

With regards to (paraphrased) “a mobile-only site is fine” (a comment for one of the questions in a recent hangout), I’d just like to clarify that just because you can do something, doesn’t mean you should, nor that it’s a best practice :-). If all we have from a business is a mobile-friendly site, then we’d rather index that than nothing. That obviously doesn’t make it a great practice though. A good way to make it work in both worlds would be to have a site that uses responsive web-design techniques to adjust to the size of the user’s device / settings. 

I can imagine some sites starting off with only a mobile-friendly website (it’s kinda like businesses that use a mobile app instead of a website), but I’m sure most would do well to also provide an awesome experience for users with larger screens (be it a desktop, laptop, mobile, TV, etc.). 

(この前のハングアウトで出た質問のひとつへのコメントで)「モバイルだけのサイトでも大丈夫」(と言い換えられた回答)に関して、はっきりさせておきたいことがある。何かやっても大丈夫だからといって、そうすべきだということではないし、それがいちばんいいやり方だということでもない。

そのビジネスのサイトがモバイルフレンドリーなサイトしか持っていないのなら、何もインデックスしないよりはモバイルサイトだけでもインデックスしたほうがいいだろうと私たちは考える。

けれども、明らかに、それがとてもいいやり方だということではない。モバイルとPCの両方で機能させるのにいい方法は、ユーザーのデバイスや設定のサイズに応じて調整できるレスポンシブウェブデザインの技術を使うことだろう。

モバイルフレンドリーなサイトだけで始めるサイトがあることを想像できる(たとえば、ウェブサイトではなくモバイルアプリを使うようなビジネス)。しかし、(デスクトップPCであろうがノートPCであろうがスマホであろうがテレビであろうが)大きなスクリーンのユーザーに対してもすばらしい体験を提供するほうがほとんどの場合は絶対に良いだろう。

※読みやすくなるように改行を増やしてます。わかりやすくなるように若干意訳してます。

「モバイル向けページしかないからといってインデックスしないのはよくない。たとえPCからの検索であっても、せめてモバイル向けページを見せたほうが何にも見せないよりはいいはず。だからモバイル向けサイトだけでも大丈夫と発言した。勧めてはいない。」ということです。

「ありか? なしか?」なら、あり

「モバイル向けサイトだけの提供はありか? なしか?」の二者択一で問われたら、答えは「あり」です。
SEOの観点だけから見れば特に問題ありません。

ですが、ベストプラクティスでは決してありません。
UXの観点から見れば問題が浮上してきます。
UXも考慮したベストプラクティスは、言うまでもなくモバイル向けとPC向けの両方を作ることです(レスポンシブウェブデザインで1つのページを両方に対応させれば楽だとミューラー氏は勧めている)。

モバイル向けサイトだけの提供で済ませられるのは、次のような状況でしょうか?

  • PCからのアクセスが(ほぼ)ゼロ
  • PCユーザーを完全に無視できる(ようなサービスを提供している)
  • コストやマンパワー、時間などの制約から、まずはモバイル向けサイトだけで公開する

こういった状況に該当しないのであれば、PC向けサイトも提供すべきです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › モバイル向けサイトだけでもいいけど、決してオススメではない

▲ページの一番上に戻る