Yahoo!版のアドセンスが、ようやく日本にも上陸しそうです。

名称は、「Yahoo!ウェブオーナーセンター」と言います。

ヤフーがコンテンツ連動型広告に参入、専業のブレイナーに約5億円出資

ヤフーはコンテンツ連動型広告に参入し、市場の大半を押さえるグーグルに対抗する。2007年8月31日にコンテンツ連動型広告を手掛けるブレイナー(東京・渋谷)に出資し子会社化した。出資額は4億9100万円で出資比率は41.7%となる。ヤフーはブレイナーなどの技術を活用し、個人サイトまで含めたコンテンツ連動型広告を年内にも始める。

ヤフーは専門サイト「Yahoo!ウェブオーナーセンター」を立ち上げ、小規模な企業や個人が運営するサイトがヤフーが配信するバナーやコンテンツ連動型広告などを掲載できるようにする。広告掲載ページの内容や、サイト閲覧者のヤフーでの検索やページ閲覧の履歴を解析して、利用者の関心に沿った広告を表示できるようにする方針。決済サービス「Yahoo!ウォレット」や「Yahoo!ポイント」も、個人サイトが利用できるようにする考え。

米ヤフーは、小規模サイトを対象にコンテンツ連動型広告を配信する「Yahoo! Publisher Network」をすでに手掛けている。また、日本のヤフーは「オープン化」戦略を打ち出し、大手新聞社や専門ニュースサイトなどと提携し、ヤフーが集めた広告を共同掲載する「アド・ネットワーク」を拡大してきた。ヤフー以外のサイトと連携して収益の拡大につなげる狙い。今後、個人サイトもネットワークに加わることになる。

◆nikkei BP netより引用

米Yahoo!は、Yahoo! Publisher Network(YPN)という名称で、アメリカ在住のウェブマスター向けにすでにコンテンツマッチ広告サービスを提供しています。

▼YPNの広告
Yahoo!ウェブオーナーセンター Yahoo Publisher Nerwork

世界展開が期待されながら、その気配はまったくと言っていいほどありませんでした。
コンテンツマッチの精度や支払いオプションなどの問題があるようです。

日本では、コンテンツマッチ広告企業のブレイナーを買収しての業界参入のようなので、本国のYPNとは、関連のない別サービスとしての展開になるかもしれません。

ブレイナーを使ったことがありますが、広告主が少ないことやコンテンツマッチが甘いこと、報酬が低いことで、個人的な感想としては、使えるサービスではありませんでした。

しかしながら、日本のコンテンツマッチ広告市場はGoogle AdSenseの1人勝ち状態なので、ヤフー版アドセンスのYahoo!ウェブオーナーセンターには、期待したいところです。

ところでアメリカには、Google AdSense以外にも多数のコンテキストマッチ広告プログラムが存在します。以前に紹介しました。

このブログには、アドセンス以外にもKonteraという広告サービスを導入しています。
でも、さすがにアメリカのプログラムなので英語のキーワードにしか反応しません。
半年かかっての報酬は、やっとUS$6です。(爆)
最低支払額に達するのはいつのことやら。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdSense › ヤフーアドセンスがついに登場か – Yahoo!ウェブオーナーセンター

▲ページの一番上に戻る