Googleウェブマスターツールにある「サイトへのリンク」データのレポート機能が改良されたことを昨日お伝えしました。

リンク元をドメイン単位にまとめるなど以前になかった特徴が加わって、バックリンク分析にさらに重宝しそうです。

しかしながら、1つだけ使い勝手が前よりも悪くなってしまった点があります。

それは、すべてのバックリンクデータを一括でダウンロードできなくなってしまった点です。
ドメインごとあるいはページごとにしかダウンロードできません。
すべてのデータをダウンロードするにはその数ぶんだけ同じ作業を繰り返さなければならないのです。

報告や保存のために定期的にデータを出力しているサイト管理者にとっては、一括ダウンロードができなくなってしまったのは痛手です。

コメントTwitterでこんな声を聞いたし、Googleの公式ヘルプフォーラムでも質問があがっています。
また公式ブログでのアナウンスに対しても同じ内容のコメントがいくつかついています。

どうやったら一括ダウンロードができるのでしょうか?

結論から言うと、できません。

Google社員のJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏と一般ユーザーのツイートでのやりとりです。

  1. Richard Hearne
    RedCardinal @JohnMu can we download the data in its entirety now John?
  2. John Mueller
    JohnMu @RedCardinal The downloads are still based on a sample; we’re aware that some folks want more, I don’t know what the plans are though.

this quote was brought to you by quoteurl

“今でもデータ全体をダウンロードできるかい、ジョン?”

“ダウンロード(のデータ)は依然としてサンプルに基づいているんだ。もっと多くのデータを欲しがっている人がいることは知っている。でもそのプランがどうなるかは分からない”

全データのダウンロードを求めているユーザーがいることは認識していますが、実装するかどうかは今の時点では決まっていなということです。
少なくとも今現在は不可能です。

Googleウェブマスターツールのいくつかのデータは、公開されているAPIを利用して入手することができます。
APIを使ったツールを独自に開発すれば数が多くても処理を自動化できそうです。

  1. Richard Vaughan
    richardtvaughan @JohnMu do you know if the new link data is going to be accessible through the API anytime soon? thanks :)
  2. John Mueller
    JohnMu @richardtvaughan I’ll pass your request for more Webmaster Tools API data along; not sure what the plans are there, but I love APIs too :)

this quote was brought to you by quoteurl

“新しいリンクデータは、近いうちにAPIをとおしてアクセスできるようになりそうですか?”

“ウェブマスターツールのAPIをもっとたくさん公開してほしいというキミのリクエストを上げておくよ。でもどうなるかは分からない。僕もAPIは大好きなんだけどね。”

現状ではリンクデータを取得するAPIは公開されていません。
リンクレポートが新しくなっても状況がすぐに変わることはなさそうです。

ということで、Googleウェブマスターツールの改良された「サイトへのリンク」レポートではバックリンクデータのダウンロードは、今のところできません。

この点は、「改良」というよりも「改悪」に感じてしまうサイト管理者がいるかもしれません。

手作業でコツコツやるか、あきらめるか、復活するのを待つかしかないですね。
あるいは、これを機に一括ダウンロードそのものをやめるという手もあります。w

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › ウェブマスターツールの新しい「サイトへのリンク」データの欠点

▲ページの一番上に戻る