[対象: 中級]

サーバーにアクセスしてきたクローラが本当にGooglebotかどうかを確認したいときにはIPアドレスだけを基にして判断するべきではありません。

DNSのリバース ルックアップ(逆引き参照)を用いて、そのIPアドレスがGoogleが所有するものかどうかを併せてチェックする必要があります。

Googlebotの確認にはDNSのリバースルックアップを使う

SEOに慣れている人なら当然のことなのですが、IPアドレスでクローラを制御することは誰もが行う設定ではないので知らないサイト管理者も多いのではないでしょうか。

IPアドレスでGooglebotを識別しようとしたためにトラブルが発生した事例が立て続けに2件英語版のウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムに投稿されていたので、僕のブログ読者にも知らせておくことにしました。

Googlebotが使用するIPアドレスをGoogleは公開していません。

非常に多くのIPアドレスを使用しているのとこれらのIPアドレス範囲は固定ではなく変更される可能性があるからです。

たとえばサーバーやネットワークのファイアウォールを設定する際、IPアドレスに基づいて許可するように指定した場合でも漏れがあり誤ってGooglebotのアクセスを弾いてしまうことがあり得ます。

Googlebotがサイトにアクセスできないと最悪インデックスから消えることもあるので注意してください。

一般的には、Googlebotを振り分けたいときはIPアドレスよりもUser-Agent(UA)を条件にすることが推奨されます。

公式ヘルプドキュメントを読んでおきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › GooglebotのアクセスをIPアドレスで確認するときには注意が必要、DNSリバースルックアップを使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る