[レベル: 中級]

Googlebot がレンダリングしたページのスクリーンショットを表示する機能が Search Console の URL 検査ツールに先日追加されました。

スクリーンショットは、パソコン用 Googlebot のレンダリングによって取得されます。
スマートフォン用 Googlebot のレンダリング結果を見るには “小技”が必要でした。

ところが、レンダリングするユーザーエージェントの仕様に変更が入りました。
モバイル ファースト インデックスと関係があります。

MFI移行サイトはスマホ Googlebot で常にレンダリング

モバイル ファースト インデックス(以下、MFI)に移行済みのサイトでは、スマートフォン用 Googlebot がレンダリングした結果に常になります。

僕のブログは MFI に移行済みです。
こちらは、URL 検査ツールからスクリーンショットを直接取得した結果です。

スマートフォン用 Googlebot でレンダリング

スマートフォン用 Googlebot がレンダリングしたスクリーンショットになっています。
以前は、パソコン用 Googlebot でした。

一方、こちらは MFI にまだ移行していないサイトのスクリーンショットです。
依然としてパソコン 用 Googlebot がレンダリングしています。

PC 用 Googlebot でレンダリング

MFI に移行していないサイトがモバイル向けページのレンダリング後スクリーンショットを見るには、モバイルユーザビリティ レポートから URL 検査ツールのライブテストを実行する小技を使わなければなりません。

MFI サイトは PC ページのスクリーンショットの入手不可

MFI に移行したサイトのスクリーンショット(正確には、URL 検査ツールのライブテスト)を実行するユーザーエージェントは、スマートフォン用 Googlebot に固定されてしまったようです。
僕が調べた限りでは、パソコン用 Googlebot がレンダリングしたスクリーンショットを見る方法はなさそうです。

PC ページのレンダリング結果を入手できないのは不都合なようにも思いましたが、MFI に移行しているのであれば困ることはないでしょう。
Googlebot がクロール、インデックスするのはモバイル向けページです。
モバイル向けページさえ正常に認識されていれば、検索には問題はありません。

PC で正常に表示されるかどうかは、ブラウザで調べれば済みます。
たとえ PC 向けページを Googlebot が正常にレンダリングできなかったとしても、PC 向けページはインデックスの対象ではないので検索には支障ありませんね。

ちなみに、URL 検査ツールのデフォルトのユーザーエージェントが、スマートフォン用 Googlebot なのかパソコン用 Googlebot なのかでも MFI に移行しているかどうかを確認することもできます。
新たな小技です。😉

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Search ConsoleのURL検査ツールのスクリーンショット機能が仕様変更。MFI移行サイトはスマホGooglebotが常にレンダリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る