matt foleyのSERP

ユニバーサルサーチの調査をしていて、本当に検索結果にビデオが増えてきて、VSEOへの早期取り組みがよりいっそうポイントになってきそうだなと実感していました。

そんなおり、digital inspirationが、動画に埋め尽くされたGoogleのSERPを見せてくれました。
「Matt Foley」をGoogle.com検索すると、冒頭のキャプチャのように動画がわんさかと出てきます。
(Matt Foleyは、アメリカのコメディ番組に登場する司祭とのこと)

ある意味、怖い。(笑)

WebmasterWorldでも、Googleが今後、ビデオを検索結果にプッシュアップしてきそうだというスレッドがたっています。

アドミニストレータのtedster氏曰く、

So many people find reading difficult – especially online but even otherwise – that I’m pretty sure we’ll see a push to more video results in the near future. As long as the end users click and watch, it will keep increasing.


“実に多くの人が、特にオンラインで、読むのを面倒くさがっている。たとえそうじゃないとしても、近い将来ビデオの結果が上昇してくるのは間違いない。エンドユーザーがクリックして観る限りは、増え続けるだろう。”

あなたも、検索結果にビデオを見ることが多くなっているのに気付いていませんか?

そこで、ビデオによるアクセスアップに役立つ(かもしれない)2つの技をお伝えします。

#1 『アノテーション』
ひとつは、「アノテーション(annotation)」の利用です。
「アノテーション」とは、動画に挿入するコメントで、補足情報を文字で表示できます。

10e20 Blogによると、アノテーションを上手に使うとサイトへのトラフィックを大きく伸ばすことができるそうです。

理由はいくつかあって、たとえば次のようなメリットがあります。

  • アノテーションにサイトのURLを掲載できる(※YouTubeビデオには直接リンクを張れない)
  • 所在地や電話番号を伝えられる
  • 商品やサービスの詳細を補足できる
  • 特定の再生場所で特定のコメントを挿入できる
  • 他の関連するコンテンツをPRできる
  • アドレスを載せておけば、自サイト以外に掲載されても認知度が高まる

Youtubeの動画アノテーションの詳しい使い方は、ヘルプをご覧ください。

tedster氏は、ユーザーは読むのを面倒に感じているといっていますが、動画の中に表示されたらいやでも目に入りますね。

#2 『高画質再生』
ビデオのURLに、あるパラメータを付けると“超”高解像度で再生できます。

そのパラメータとは「&fmt=22」です。
URLの末尾に「&fmt=22」をくっ付けます。

サンプルがアップロードされているので観てみてください。

フルスクリーンで再生すると、普通のTV、というかそれ以上に美しいです。

ただし、HDに対応する動画をアップロードする必要があります。
また、回線が細かったりPCのスペックが低かったりすると、カクカク再生してかえって観づらくなります。

画質が悪くて不満に感じるビデオがあったりしますが(無料で観れるので文句は言えませんが)、高画質で自分の商品・サービスをプロモーションできれば、より訴求力が増すのではないでしょうか。
(「&fmt=22」パラメータは、純粋に他のユーザーがアップした動画を高画質で楽しむのにも使えます)

ビデオをうまく活用すれば、SMO効果も狙えます。
被リンク偏重のSEOに頼らない、ビデオ利用によるアクセスアップは、今後欠かせなくなると思いませんか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › YouTubeビデオでアクセスアップを狙う2つの技

Comments

  1. By on

    弊社でも実験用にビデオカメラ購入予定です。

    高画質のサンプル画像は、Youtubeの画質以上にGT5のCG技術にびっくりですね。(笑

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Sphinn Japan Blogへのゲストポストありがとうございました。
    なかなか評判良かったですよ。(^^)

    ビデオはどう考えても始めておくべきですね。
    次のゲストポストは、ビデオ ネタでお待ちしてます。(笑)

  2. By on

    いつも、為になるニュースの配信ありがとうございます。

    「YouTube動画マーケティング」ではかなり稼がしてもらっています。
    ただし、海外のやり方そのまま日本に持ち込むのは危険です。

    私の実験では、最大48時間で120万ビュー
    またステップメールへの誘導では、1週間で600人
    無料レポートのダウンロードでは4日で1000人が記録です。

    動画マーケティングに限らず、
    日本人もガンガン、ソーシャルメディアを活用した方がいいと思いますね。

    ちなみに、YouTube以外の動画共有サイトを利用すると
    SEOとは逆効果になる場合も多いです。

    私の場合は目的は、属性の高いアクセスなのでOKですが・・・

    現在Googleで[最速SEO]で検索すると、とんでもない結果になってます。
    上位10件中9件が私のビデオや関連サイトです。

    YouTubeの私のチャンネルも3ヶ月程度でページランクが5になりました。
    http://jp.youtube.com/user/tatezo

    全てバックリンクに数えられてるようですので、「nofollow」ながら
    少なからず恩恵は受けている様に感じます。

    TATEZO?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    すばらしい成績を収めてますね。

  3. By on

    間違えました!

    >私の実験では、最大48時間で120万ビュー

    12万ビューの間違えです、すみません。

    >すばらしい成績を収めてますね。

    でも、簡単ではないですね。
    日本向けの動画でもあえて英語のキーワードを入れて
    海外の動画検索サイトのクローラーに拾われるようにしてます。

    英語圏での戦いは結構熾烈ですね。
    その点、日本はまだマシかもしれないです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    日本向けの動画でもあえて英語のキーワードを入れて
    海外の動画検索サイトのクローラーに拾われるようにしてます。

    いろいろ試行錯誤していて研究熱心な様子が伺えます。

▲ページの一番上に戻る